赤ちゃん快眠応援システム

百年杉の加藤木材では、赤ちゃんの成長を応援するべく快眠応援システムをスタートさせました。

ステップ1

こぐちマット ベビータイプをご購入

こぐちマット ベビータイプ

「眠れる森のSUGI」こぐちマットベビータイプ :77,000円(税別)をお買い上げいただき、お子さんが長い時間を過ごす特別な場所として存分にご活用ください。

3年以内に、赤ちゃんが成長しベビータイプ「こぐちマット」では手狭になって、マットが不要になってきたら…。

ステップ2

こぐちマット ベビータイプを返却

使わなくなった「こぐちマット ベビータイプ」を百年杉の加藤木材に発送いただく。(返送する旨を加藤木材問い合わせフォームよりお知らせください。恐れ入りますが弊社までの発送料はご負担ください。)

ステップ3

空気浄化本棚の「こぐちキューブ」へのグレードアップいたします!

空気浄化本棚の「こぐちキューブ」

返却いただいた「こぐちマット」のかわりに、空気浄化の高い組み合わせ本棚の「こぐちキューブ」の幅60センチの台輪と大箱H450 × w300が2台(=40,500円相当の商品)を送料ご負担なしでお届けいたします。

ご返却いただいた「こぐちマット ベビータイプ」は、弊社でアウトレット商品として販売し有効活用させていただきます。

0歳児の睡眠障害

赤ちゃんのために百年杉
0歳~3歳の睡眠はとても重要です。現代の眠れない「住」環境は、赤ちゃんにプレッシャーを与え続けているようで、0歳児の睡眠障害も多いそうです。

小児科医の三池輝久先生は著書の中で「この時期の良質の睡眠が発達障害を予防する」とまで言及されていらっしゃいます。

取材勉強をしていても、ADHDなどの発達障害のお子さんは幼児期の頃より「入眠困難」と「頻回覚醒」が多いとうかがいますので、0歳~3歳の時期の睡眠の質量の差異は、定型発達の子であっても、心身の成長には大きな差がつきそうです。

心が未発達だと集団生活で、ささくれてしまいがちでしょうし、その子が発達障害の子であっても、その症状に大きな差がつくことも考えられます。

そして、ひょっとしたら先生のおっしゃる通り、発達障害ではなく遅咲きの個性という所まで症状緩和~良化までいける場合もあるのかもしれません。

赤ちゃん安眠製品の開発

百年杉の加藤木材では、それらを研究し続けてきたのですが…
それらの対策としての製品は
眠れる森のSUGI「こぐちマット」【ベビータイプ】くらいの
瞬発力のあるパワフルな空気浄化能力と鎮静効果物質が必要だと考えています。

理由としては…
ほぼ全ての若いママとパパが住んでいるであろう…
ケミカルなアパートなどのお部屋では…
なにしろ現状の屋内空気質がキビシ過ぎます。
(リフォーム済みの新品のビニルクロスの壁紙から2年くらいでご出産を想定)

問題点

3歳までの睡眠は重要

そしてもうひとつの問題点。
我が国では全国一斉の3歳児検診時に
「発達障害の疑いあり」とのジャッジがでるのですが
これはまずい!…という事で
その時点から、質の高い睡眠の為の方策をうってもある意味遅いのです。
(無駄ではないのですが…)

それくらい0歳~3歳の頃の睡眠は重要であって
逆に言うと…そこの睡眠の質量が低いから
「疑いあり」の度合いが高まってしまうような状況になるとも言えますし
とにかく「三つ子の魂百まで」の言葉通り
0歳~3歳の睡眠で
その子の以降の各種の症状が決まってくるというと
大げさに聞こえますが
勉強すればするほど3歳までの睡眠は重要です。

そうなると…
赤ちゃんが生まれて、家に帰ってきたら
すぐに、眠れる森のSUGI「こぐちマット」【ベビータイプ】
が欲しくなるところなのですが…

なにしろ現状の屋内の空気が酷すぎて
そんな完全アウェイな状況でも効力が発揮される為の百年杉製品を創ったら…
これくらいは必要との百年杉製品は\77,000(税別・送料別途)という価格になりました。

若きママとパパにこの金額の拠出がキツイのは
弊社も理解できます。
されど取り返しがつかない0歳~3歳の睡眠なのです。

百年杉と問題点解決システム

赤ちゃん快眠応援システム
そこで考えたのが上記のシステムです。
初期投資の金額は同じですが
赤ちゃんが成長して…
「こぐちマット」【ベビータイプ】を使いづらい状況になっても
他の空気浄化×鎮静効果物質の放出の百年杉製品(=「こぐちキューブ」)
にチェンジできます。

ご家族全体の睡眠の質の向上は、また別な作戦を計画的に立てられますし
赤ちゃんの3年間の緊急的な質の高い睡眠にも対応可能です。

もちろん、お二人目がお生まれなら
「こぐちマットベビータイプ」をそのままお使いになることも可能です。
(チェンジ期間はご購入後3年まで)

安いからビニルクロスでしょうがない…とか皆言うのですが
こういう重要な「赤ちゃんのいのちを削るのか?太くするのか??」という事を
しかも期限~期間も考えながら対策を考えていくと、その対策が高価になってしまいますし、ほんとにビニルハウスのような現代住宅って安いのでしょうか。

百年杉の加藤木材の「赤ちゃん快眠応援システム」をご検討ください。