あれから6年

あれから6年である。

自分にそういう所があったのかと

驚きもあるのだが、「あぁぼくはそういうヤツだったじゃないか…。」という気もします。

今朝は朝からなんだか泣きそうな感覚である。

 

あの日の事。

ああいうことがあったから会えた東北の友人。

ああいうことがあったからこそ、ずいぶんとマシになったぼく。

ああいうことがあったからこそ、知人が友人となって絆が深くなったこと。

 

本当に多くのヒトとコトを、今朝から想い出している。

 

ああいうことがあったのに、私たちは未だ成し得ていない事も多いのだけれど

そこは成し得てから、いなくなりたいものである。

 

最近、多くの友人より

「加藤がんばれ!」

「加藤頑張り過ぎるな!」と…

実にありがたき、お心…言葉を頂く機会がありまして

そして今日のこの感情につながっている。

 

悠々と急ぐこととしよう。