「ダウントゥアース」② 効果は持続

5月4日
うわ!凄い目覚め!
明らかに眠りの質が高い。

裸足パワー凄し!!アーシング凄し!!を朝から実感。

ぼくの寝床は「百年杉」と「200年杉」の香りなんだけど…
それプラス鋭敏になった足?…いや身体全体なのかな?…
それによって凄く快眠。

考えてみれば
足があれだけ木綿の感触を心地よく感じる事ができれば
そりゃ安眠できますよね。だって気持ちいいんだもん。

さーて今日はmore treesさんのお招きによって
http://more-trees.net/
六本木へ、いざ出発。

履物は迷ったけど、昨日のビーチサンダルのゴムの醜悪な感触が嫌だったので
靴下を履いてスニーカーで出発。

確かにオーガニックなコットンではないけど、直にゴムよりはずいぶんマシな触感で
正解だったように思う(この時点では…)。

六本木に到着。
11時~14時~16時と3回の「輪ゴム鉄砲づくりワークショップ」をおこないます。
これで3年目だけど毎回、満員でありがたい限り。

空き時間にはヒマなので目前の【特設】杉桧の床ひろばの子供たちを見ています。

1歳児~10歳時くらいまでかな…
子供たちが遊んでいます。

子供たちの85%くらいは杉桧の床の上で「裸足」になって遊んでいますが
逆に付き添いの大人の85%以上は靴下のままです。

「う~ん。なるほど」

子供たちおそらく無意識でしょうが…杉桧の床上に裸足でいる事による
心身の恩恵がわかっています。【五感】の【触覚】がまだ機能しています。

だから能動的に自ら裸足になって、その恩恵を享受しようとしています。

【五感】とは…
そのすべてを、この世に生まれる前のママのお腹の中で得られる価値観です。
“いのち”を太くする方向性のモノとその逆の削る方向性を自ら感ずる価値観です。

一番最初に得るのは嗅覚ですから
やはり私たちの身体は空気中の毒性物質を極端に恐れているようです。
だから空気浄化能力が高い杉は重要だし…香りが濃厚な私の「百年杉」は
若年齢の杉よりも、こんな乾いた時代だからこそ活躍してくれていて結果もだしてくれています。

たとえば赤ちゃんや幼児が「苦み」を極端に嫌がるのは
「毒性物質の誤飲食」への対応です。そう我々の身を守る基本は【五感】なのです。

ようは【五感】が鈍ってちゃヤバイのである。

さすがにぼくも
靴下を脱いでまで
杉桧床の上を歩くのは、なんか恥ずかしく…
この大人の「恥ずかしさ」が【五感】を衰えさせていくのだなぁ…と
勉強させていただきながら
明日は特設杉桧床広場で素足になりやすいビーチサンダルで来よう!…と固く誓うのでありました。(つづく)