「ダウントゥアース」④ならQ-GARDENへ!

5月6日

連休中日の今日は会社でお仕事です。
ビーチサンダルにて出社。

「おぉ!なんというわが社の桧の床の心地よさよ!」

奥に進みます。
「おぉ!なんたる“百年杉”の足裏の心地よさよ!!」

こいつは参った。(笑顔)

「アーシング」する前のぼくの足裏はいったいどれだけ“鈍”だったのだろう?

実はマンション暮らしの私の自宅はビニルの床である(意外でしょ…)。
限られたお金を使うのは
自分の家ではなく、お客様が体感できる場所だと選択した結果なのだが…
まさか「限られたお金」がこういう効果をもたらすとはね(笑顔)。

何でも素晴らしいとそれに気づかないのか…
なるほど。

夕方にはもう裸足で土の上を歩きたくなったので
実家にGO!
約30分くらい庭で素足で歩きました。

なんというか
足の指をぐっと踏みしめたくなるんすよね。

屋内でも足の指をギュッとしたくなります。
テーブルの脚とかにギュッと足の指を絡めたくなります。

母はここの所
加齢によってあちこち痛いということだったので

YouTubeの「ダウントゥアース」の動画を私の解説付きで見せたのですが
この連休中、毎日庭を素足で歩いているらしく…
眠りが良くなって…痛みを感じなくなっているらしい。
あぁ良かったよかった。

「こういうさぁ…自然のありがたさを次の世代や赤ちゃんに伝えてさぁ…もうちょっと次の世代に伝えてから私たちは召されようね。」と母に告げたら、最近、お迎えが来ない…ような事を冗談で言ってた母が「そうだねぇ…」とちょっと生気が戻ったような顔になった気がしました。

この大地を素足で歩くということを
日常の…そうだなぁ1週間に30分くらいでいいから
取り入れてもらえれば…
おそらく足裏の【五感】は取り戻せて…

わが社の最高品質の床材である…
最も【触覚】として気持ちよく感じる「百年杉」の床にしないと
気持ち悪くて我慢できなくなるはず(笑顔)。
おぉしめしめ(笑)。

私たちはどうやら【五感】を閉ざして
【五感】の作動にまでリミッターを装着して…
クレイジーな現代社会でなんとかもたそうとしているかのごとくである。
是非、皆さん、素足で大地に立って
【五感】を取り戻して
【百年杉】をご自宅に招き入れたくなってくださいね(笑顔)。
それだけで人生変わるからね。

友人のQ-GARDENのガーデンキュレーターの小島理恵さんは
マジでアーシング前提の…裸足でお庭を歩く前提でのガーデンデザインしてくれるって言ってますから

これからちゃんと庭と五感の維持を考えてる方は相談した方がいいですよ。

日本初のアーシング前提のお庭。…しかも小島理恵さんのデザイン!!(お薦めっす!)

 

もちろんそうなれば、人類に9割を過ごす屋内の床がビニルでは耐えられないでしょうから

ぼくの「百年杉」の床を使ってくださいね。

しっかし…「アーシング」では学ばせていただきました。

皆、生まれる前から得ている”いのち”を守ってはぐ無んでいく価値観足る

「五感」を働かないようにして

ある意味クレイジーな世の中で身を守って
たのかもしれませんね。次号アーシングラストです。(つづく)