200年杉がやってきた ya-ya-yah!

(上が樹齢150年杉。下が200年杉です)

[

「百年杉」の加藤木材なのですが

更に高樹齢の樹齢150年~250年の最高品質の杉を

今後は新たに「200年杉」として扱っていきます。

 

高樹齢の高品質の杉の探求もここまでです。

これ以上のインフレーションはあり得ません。

なぜなら樹齢400年~500年の杉はあれど

それらには残された理由があるからです。

 

お金で買える限界樹齢が私が言う「200年杉」なのです。

弊社の言うところの「百年杉」とは樹齢80年~120年の杉というカテゴライズなのですが

「200年杉」は樹齢150年~250年とさせていただきまして

「江戸時代に生を受けた杉」というあたりにさせていただきます。

正確に申し上げますと…

「樹齢150年~250年の”百年杉”を超える精油分の豊富な杉材をセレクトして入手。それらの材を精油分を損なわないように自然乾燥と低温乾燥という手法をもって製品化した杉材を加藤木材では”200年杉”というカテゴリーに致します。この”200年杉”より香る杉はこの世に存在しないと思われる逸品です。」

ということであります。

弊社のあやゆる製品…

小さな「木のしおり」からベッドに至るまでの大きな製品の全てにおいて

「200年杉バージョン」ができるということになります。

 

現状はかわらずにお付き合いいただいていますお客様を中心に

まぁボツボツとご紹介中でございます。