たった3枚の「こぐちパネル」

詳細は伏せておきますが…

都内のある区立小学校のある教室に、たった3枚の「こぐちパネル」が置いてあるそうです。


http://woody-katoh.com/portfolio-item/koguchi-panel/
担任の先生が教室の空気を変えるために自費でご購入されて置かれたそうです。夜間見回りの警備会社の方も…この教室だけは「イイ香りがして楽しみなんです。」との事。

 

「香りは樹齢」「香りは湿度変化時に放出」「こぐち部は板目の100倍の湿度変化時の反応速度」…この「こぐちパネル」以上に単位面積あたりの鎮静効果の香りがする杉材はこの世に存在しないはずです。

「我々の身体のつくりは…毒水を飲んでも死にぞこなうけど毒ガスイチコロのつくりなのよ。」

(もう10年近く前に大学病院勤務の先生におしえてもらった言葉です)

 

さらに勉強を進めてきたら命を守る価値観である「五感」のうち一番早く身につくのは「嗅覚」。

 

やはりわたしたちは空気に対してデリケートな身体のつくりなのですね。

赤ちゃんが「味覚」として…苦みを嫌うのは毒性物質の誤飲食防止の為の「五感」です。

しかしそれよりも早く「嗅覚」が完成するということは…「食」も大事なんだけど…それよりも先に悪い空気…

毒性物質入りの空気に対しては極めて弱い身体のつくりなので…まずは「空気」!…という人間の根源的な選択がそこにはあるのではないだろうか。

 

現在の弊社の「こぐちパネル」は樹齢でいうと150年over!200年超え!!のものも含まれています。

 

残念ながら現代社会の屋内には「空気の質」という観点がほぼないので、樹齢60年くらいの杉の空気浄化能力が無力とまでは言わないけれど…たった3枚で教室の空気を変えるまではいかないのではないだろうか。けれども「こぐちパネル」にはできている。

 

【百年杉】で変わる。空気が変わる。睡眠が変わる。人生が変わる。

 

こういうお話をうかがうと…くじけずに頑張っていこうってなれますね。