きめの細かい精油分…ビニル透過

【百年杉】の精油分のきめの細かさについて言及しておきたい。

この写真は【百年杉】のチップ枕のチップを「ふるい」にかけた後の「粉」のようなモノです。

(【百年杉の粉】ともいうべきモノです)

「ふるい」に残った大きいチップのみを枕に入れて

「ふるい」に残った固い節や「ふるい」を通過した細かいチップも除去して

【百年杉】のチップ枕の中身は「ある程度の厚みのある大きなチップ」のモノでできています。

そしてそんな【百年杉枕用チップ】製造の過程でできてしまう…

【百年杉の粉】をチャック付きビニル袋に入れておくと1時間もすればビニルの外側がベタベタになってくるのです(驚)。

そう…【百年杉】の精油分のきめの細かさは

ビニルを透過するのです。

科学的に言及するのであれば、ビニルの分子と分子の間よりも【百年杉の精油】は小さく細かいのである。

H2O…いわゆる水はビニルを透過しないのだけれど

【百年杉の精油】は透過するのである。

 

そんなことは数年前からわかっていたのですが

その【百年杉の粉】をタオルやTシャツなどが入っている引き出しに入れておいたら

衣類に【百年杉の芳香】が付着して、とても心地よい実験結果が得られたのです。

(粉の精油分がが→ビニル透過→タオルに付着…なのである)

ビニルはつるんつるんだから精油が「とどまる」場所が少ないのだが

衣類はおそらく多孔質で「とどまる場所」がたくさんあるから容易に精油分が移動したのであろう。

「ふるい」を透過した「粉」が再びビニルという「ふるい」」を透過させて衣類に付着なのである。

衣類を【百年杉の粉】もぐらせれば香りもつくだろうけど

それではチクチクして着れたもんではないだろうしね。

 

【百年杉】の床を歩くこと…そこでハイハイして育つこと…

その床が我が家にあること…そこで天に召されること…

 

靴下だろうがストッキングであろうが

それどころか…衣類さえもきめの細かい【百年杉の精油】は透過して私たちの皮膚まで到達しているようなのである。

私たちの全呼吸の0.6%程度に過ぎないが

私たちは毛穴から皮膚呼吸をしています。

【百年杉】のきめの細かい精油が、体内に入っているとして…

それらの恩恵を立証するのは困難であろうが

 

様々な木々の恩恵の源は精油分にあると考えた場合…

【百年杉】の精油とは

私たちの身の回りの人造物には類を見ないような

実にきめの細かい精油であることは事実なのである。