お便り 「百年杉」

年末となってくると様々なお便りをいただく機会が多いように思います。

とりわけ…百年杉のお陰で…のようなお話を頂戴しますと

いっそう嬉しく思います。

 

10年以上寝たきりの方が召されたお話…

差し上げた百年杉床材のサンプルによって

(サンプルですよ!たった数枚の木片!!)

病院内の独特の匂いがあるけど眠れるようになったし

たとえ眠れない夜も心が落ち着くとおっしゃっていた方が天に召されて

何も入れないでいいからという故人のご意向だったものの…

この百年杉の木片だけは、いつもそばに置いて気に入ってたから…との事で

棺にご一緒におさめられたそうです。

 

病院にお勤めの方が

お仕事ではなく…差し上げたサンプルを有効に使っていただいているのですね。

こういう「おせっかい」をやける方がありがたい。

こうやって「百年杉」をつなげていただける方に感謝でございます。

 

セルフビルドで百年杉ライフをはじめられた方からは…

睡眠もぜんぜん快眠ですし

床と一部壁を施工後は加湿器が不要になったんですよ!…というお便りをいただきました。

 

そりゃそうですよね。

以前は湿度保持エリアがゼロですものね。

湿度は屋内に貯めときゃいい。貯めるには木だし、量が多いのは杉SUGI。

 

実は私も加齢からなのか…

今までは朝まで目が覚める事など無かったのに

この晩秋からは、夜中に1~2度目が覚めてしまう。

まぁそのまますぐに眠ってしまうのですが

睡眠~脳と勉強してきて、まさに自分の心身も「老い」(苦笑)という次のステージに進みながら

処々実感しています。眠れない人とは物凄くたくさんお会いしたけど

自分がなるのは初ですな。

 

「百年杉」の芳香では職業病?なのか

まったく感じなくなっている私は、現在150年杉の濃厚な芳香を発する板を枕元に置いて

アンチエイジングに挑戦中である(笑顔)

(地震とかで倒れたら痛いだろうね…)
(地震とかで倒れたら痛いだろうね…)

この板を使わずに眠る私との比較は無理だから

「どう?」と聞かれると困るのですが

なんとなく自分の「個人の感想」はまた改めて記してみたいと思います。

 

皆さま良いお年をお迎えくださいませ。