高い適応能力がアダ(集中連載4)

 「ただちに健康を害するものではありません。」

…という台詞は
原発事故の際に、時の官房長官がTVを前にして言っていた言葉なのですが

この言葉というのが…
まったく化学物質という輩に対して、実に的を得た言葉である。

化学物質は傷害や殺人の実行犯にはならずに
殺人教唆・傷害教唆を繰り返し続ける完全犯罪者なのではないだろうか?

…というのは前回書きました。

そして、本日お話するのは…

我々人類の抜きんでたその適応能力!

北極点付近より赤道直下まで元気に生活が可能な生き物は
この地球上では人間以外に存在しません。

う~ん、実に見事な「適応能力」です。
もっと率直に言うのなら実にしぶとい。

これを現代社会に照らし合わせますと…

●食事というより、まるで餌(エサ)のような添加物まみれのモノを食べ続けて、その結果、死しても身体が腐食しないような体質になっても、実にしぶとく生き続ける。

●住まいというより小屋のような…天壁床の6面体全てがビニルなどの揮発性化学物質まみれの小屋に、更に揮発性化学物質の源になる家具を買ってきて、そこに住み続ければ病気になってしまうんじゃないか?…のような小屋に住み続けても、これまた実にしぶとく生き続けます。

もちろんそれらの過程において、様々な不都合な症状を発症するのですが
コロリといかずに、実にしぶとく生き続けます。
そんな実に高い適応能力を我々は有しているのです。

一見よさそうな、そのじつに高く、しぶとい私達の適応能力なのですが…
そのしぶとさがアダになっているのが、現代社会とも言えます。

なんてったって「しぶとくなかなか死なない」のですから
こうなるとお仕事として、儲けがでるのは命を太くする事より
命を削る事になるのは必然です。

だって…しぶといんですもの。

命を削っていくような衣食住でビジネスをしても、たやすく死なないのであれば
命を太くするような衣食住を提供したって、たいして感謝もされない(=たいして儲からない」のだろうから
本当のモノ(=本来の持続可能な衣食住)なんてやめて
安価で大量生産が可能な命を削る衣食住にした方が儲かるのは明らかである。

本来、持続可能な…千年以上続いてきた衣食住…
これらはその量についても、その出荷可能な時期にもリミッターがありますからね。
(「旬」もあれば、収穫・出荷・生産にも限りもあります)

リミッターが売り上げの限界になりますからね。

「命を太くする持続可能な衣食住の収益にも、おのずから限界が当然できます。」

ところが化学物質の力を借りれば
季節やその時期にかかわらずに
安価に衣食住の製品や食材が大量に出荷可能になって…
そうなると売り上げには飛躍的に伸びるどころか
収益は青天井になりますからね。

「命を削るような衣食住の収益には限界がありません。」

我々人類はこの見事な「適応能力」によって
化学物質によって痛めつけられても、なかなか死なないもんですから
そのしぶとさが仇となって、前号の「四谷怪談」ではありませんが…
化学物質の完全犯罪を可能にしてしまっています。
完璧に、しぶとさ=「適応能力」が仇になっています。

化学物質によってすぐに死んじゃうのであれば、規制のルールを真剣に作るのでしょうけどね…しぶといから、そうはならない。

そして更には人類が人類たる最大のストロングポイントとしての
「知能」、「頭脳」は、経済行為の中において
売り上げ増の為の実に合理的な手法として
また新た化学物質を生み出しては使用の連続・継続をし続けています。

だから「いたちごっこ」の地点までさえ、なかなか到達しません。

推計で約5万種の化学物質が流通していて
更には工業用途だけでも毎年300種程度化学物質が増えているのです。

我々人類の持つその高い「適応能力」は
我々の自己の生命力の高さも示している一方で
化学物質によるジワジワと長期に渡る絶え間ない攻撃を受けながら
様々な苦しい各種症状の継続・持続という
治癒困難な「苦しさ・つらさ」を生み出しているとは言えないでしょうか。

よく言われる、心地良い「百年杉の芳香」なんかも
床材、ベッド、枕…などなど
早い人はもう3日くらいで
香りを感じなくなるそうです。

「加藤さん!あんなにイイ香りがしていたのに、今はもう匂いがしないんです…。」
「ほう…」
「残念です~。」
「それではお聞きしたいのですが、宅急便屋さんとかが玄関で【イイ木の香りがしますね~】とか言いませんか?」
「・・・・言います。」
「それと友人が訪ねて来た際とか…」
「あ! 言われます~。」
「あと、旅行をして久しぶりに家に帰った時とか…」
「はいはい!杉の香りを感じます~!! あれ?!」

まるで笑い話のようですが
実話ですし、じつによくある話です。

杉の芳香の中には、セドロールなどの鎮静効果物質の存在が明らかになっていますが
その芳香によって、睡眠症状などの各種の症状改善の個人の感想をたくさんいただくのですが…
実は私たちの高い適応能力がここでもアダとなっていまして
自分の体調をup!させてくれていると
自分で感じているありがたい芳香なのに
その高い適応能力により…芳香に慣れてしまって、感じなくなってしまうのですね。

だから…
我々の持つ高い適応能力によって、なかなか「百年杉」の素晴らしさも広がっていかない(苦笑)!

そりゃそうですよね。「香りは樹齢!」だから
百年かけて育てた杉を大事に扱って製品を作ってるのに…
その「香り」も、慣れちゃって「今はもうしない!」って言われて感謝されないのであれば
誰だって苦労して100年の命のリレーなんてしなくなっていって…

ビニルクロスの可塑剤などの数十年間続く、揮発性化学物質の「命を削る」微弱な異臭にも…
慣れてしまって文句がでないのなら

お仕事としてはぜんぜん後者の方がいいですよね。

健康な時に健康に感謝できなかったり…
親が健在の時に親に感謝の気持ちを伝えられなかったり…

どうも我々は、かけがえのないものの素晴らしさを広げていく事が苦手のようだ。

※杉の芳香の慣れとその効果に関しましては、岐阜大学の光永徹教授が、マウス実験にて、香りに慣れて感じなくなってしまっていても、副交感神経の弛緩と交感神経の抑制という深い鎮静効果については、変わらずに持続していると発表してくださっています。大変にありがたい研究でございます。本当に感謝しています。おかげでちゃんと「香りを感じない笑い話」になっています。

化学物質は完全犯罪 (集中連載3)

 お岩さんをご存じだろうか?
そう…あの「四谷怪談」である。

あの話も、お岩さんがいきなり死んじゃったら…
立派な毒殺事件として捜査~立件されていたハズである。

それなのになぜ?
ダンナは完全犯罪を遂行できたのか?…・

そう…徐々に徐々に毒が利いてきたという所がポイントである。

化学物質はこの「四谷怪談」のお話のように実は完全犯罪者なのだ。

 化学物質の横綱は「核」であろうが…
原発がヒドイ事故をおこして
放射性物質をまき散らした結果~多くの人々がそれらを原因として
命を縮めようと…その証明は実に困難なのである。

化学物質はジワジワと私たちの身体を蝕んで免疫力を下げて
結果、人間は病気によって死んでいったり…
自己免疫力のセンサーを破壊して誤作動させて、
本来自己を守ってくれるはずの免疫力に、身体を攻撃させたり…
(リウマチなどがそうです。女性が発症するケースが多いのでご注意を!)

凶悪な、悪いことをやり続けてくるのですが
最終的に手を下すのは「病気」であったりするので
その犯罪の立証はなかなか困難なのです。

我々が弱り苦しんで、やがて召されていくのは
化学物質が長期に渡って、ジワジワと命を削ってきた結果なのに、それらを原因・死因として証明するのは至難の業なのです。

 だいたい川上で毒を継続的に流して、それが蓄積した海の魚介類を食して苦しんで死んでいった方々(水俣病)という、極めてシンプルな人殺しのような証明に、我が国は何十年かかってきた事をお忘れでもあるまい。(さらには未だに証明されないという残念なケースもございます)

化学物質は言わば殺人者ではなく殺人教唆(きょうさ)とも言うべき存在でして
その立証は実に困難。

これだもん、「衣食住」すべてがそうなんですが、
「本来何千年も続いてきたやり方」→「化学物質のフリカケをかけたような、長期に渡る影響を考慮されない(というか立証が困難)衣食住」がはびこる訳である。なんてったって見つかりずらいしバレないんだもん。

「沈黙の春」のレイチェル=カーソンは実はまったく正しくて…
化学物質と人類との戦いは実にやっかいなモノなのだ。

「自分で手を下さずに、ジワジワと私たちの免疫力を弱くさせたり、免疫力のセンサーを破壊して誤作動させて免疫力に身体を攻撃させたりするのだが、自分はアリバイがあって、他の病気を死因とするのが化学物質のやり口なのだ。」

そういう化学物質vs人類という、苦戦覚悟の戦いは
具体策としては「化学物質vs植物」という構図になって

屋内の空気中の化学物質に対しては「百年杉」だというのが私の考えである。

※いわゆる、免疫性疾患と呼ばれるリウマチなどの病気がなぜ女性に多いのかは、わかっていません。ただ女性の方が男性より強い免疫力を有していますので、その強い免疫力が仇となって苦しまれているのは悲しいことです。化学物質過敏症の患者さんも、その多くは女性だと言われています。まさか化学物質に意思があるともおもえませんが、奴らは、種を絶やすために「母体」を狙ってくる…というような覚え方にてご用心いただくのも一考でしょうか。厳密に言えば違いますが、食物アレルギーも口に入ってきた食べ物のたんぱく質を、大挙押し寄せてきたインベーダー(侵入ウイルス)と誤認して反応するという事ですので、やはり広義の意味においては、免疫力の誤作動とも言えますので、化学物質の完全犯罪を身近にとらえていただいて、そうなりづらい「衣食住」を考えていただければと存じます。

毒ガス想定外の身体のつくり (集中連載2)

 そして毒ガス。

 
 この地球上に誕生した原始的な生き物は毒ガス渦巻く大気が落ち着いてから
(そして、オゾン層が形成されて強烈な紫外線がおさまってから…)陸にあがったと考えられています。

ようは、我々人類は大気中に危険物質である毒ガスがちょこちょこある状況を想定して
生まれてないのではないでしょうか?

「我々の命の起源は毒ガスが無くなってから誕生しましたので、我々は空気内の毒性に対しては極めて無防備な身体の作りをしてはいまいか」

私はこれを飲食物と空気の体内への搬入経路の差から
感じています。

飲食物は「肝臓」という関所が…門番がいますからね。

「肝臓」って調べれば調べるほど
誠にありがたいスーパー内臓でして
有毒な物質を無害に変えるどころか有用な物質に変えたりもしちゃう…
まさにマジシャン!…ウルトラスーパースターとも言うべき存在です。

これって逆に…

人類の歴史=「毒物を口に入れ続ける歴史」だったからこそ
進化の過程で肝臓ができて
更にはその肝臓がパワーアップ!し続けてきたのではないでしょうか?

逆に、そうしなきゃ、生き続けられなかったから今の肝臓があるのでは…。

それに比べて
空気の吸引経路は「やわ肌」では済まない
極めてデリケートな部分を無防備に晒しています。

吸引された空気は肺を経由しますが
肺はまるでエアコンのフィルターがごとくの存在で
異物の除去程度のフィルター行為はしても、肝臓のように物質の毒性の除去のような
スーパー関所&門番のような存在ではありません。

体内にとりこまれた空気はその後、血液を通して、なんと全身を駆け巡って
心臓を通り、更には空気中に21%存在する酸素の約2割は脳が食べちゃいます。
脳は酸素の大食漢なのです。

血液~全身~心臓~脳~

いくらなんでも、吸引中の空気に微弱とはいえ毒性の存在を想定していれば
人類はもっと強力なフィルターを装着しているでしょ。

ほぼ無防備に、空気を心臓や脳という極めて重要な部位にそのまま取り入れるような経路ということ自体
やはり人類は毒ガスが無くなってから陸にあがった生き物の末裔なのです。

いいですか…
そこに現代社会の住環境と照らし合わせてみますね。

そう、我々人類は、超長期に渡って
微弱な毒性かもしれませんが
屋内のチリも積もれば的な…様々な揮発性化学物質を吸引し続ける事を想定していないのです。

更には…私たちは人生の9割を屋内で過ごして
1日の飲食物の5倍の量の空気を吸引して
前述の「やわ肌」のごとき経路にさらし
人生の1/3くらいを自宅の寝室で過ごして一生を終えます。

屋内の空気を大量に吸い込み続ける行為=人生のようなものなのです。

それなのに…
水道の水は飲まなくとも
ミネラルウォーターや浄水器経由の水しか飲まなくても
まるで泥水がごとき化学物質に囲まれた屋内空気に問題意識もなく住み続けるという…
屋内空気質に対する無知による「劣悪な屋内空気質」の影響は相当深刻だと私は考えていまして

その結果、現代社会において…

我々の有する様々な治療治癒困難な様々な症状の大きな要因となっているのでは?
だから苦しむ人がたくさんいらっしゃるのでは?…
というのが私の考えです。

粗暴に言ってしまえば
私たちは「毒水を飲んでも死にぞこなうけど、毒ガスならイチコロ」
という身体のつくりなのです。

飲食物だけで健康を維持できるように考えている人は多いのですが…
私は、いくら「衣食」を充実させても
屋内の空気の質を変える事にトライしなければ
越えられない壁があるように思っています。

そして空気浄化には「杉」の能力はダントツだと申し上げているのです。

浄化能力2位グループの桧の約6倍!(NO2の浄化)
欧州の家具の広葉樹などにはたいした空気浄化能力はございません。

けれども空気だけ浄化すればいいという訳ではありません。
後述致しますが…見た目、触感、鎮静効果物質などなど、多様な恩恵がございます。

さきほどは
微弱な毒性と申し上げましたが

よく潜水艦の映画で
「艦内の酸素がもたない…」…なーんてシーンがありますが

あれってCO2濃度が2%になって意識がなくなって、3%になって死!なんだそうです。

「たき火」で倒れる人ってあんまりいないでしょ。
その、たき火を焚いたら発生する微弱な毒性のCO2=二酸化炭素でも2%で倒れちゃう。

毒性の比較としては…
二酸化炭素は30,000ppmでも1時間でも大丈夫で
一酸化炭素だと100ppmで数時間、400~500ppmで1時間くらいしかもたなくて
塩化ビニルからでる塩化水素だと50ppmでも1分しかもたなくて
やはり塩化ビニルからでてくるホスゲンだと5ppmの量でも1分で死んでしまいます。

ですから私が指摘している
ビニルクロスや各種の建材や家具などからの揮発性化学物質の量というのは
もの凄~く微弱な量の毒性。
されど数十年単位での超長期に渡る吸引による弊害という事です。

超少量だから、「大丈夫っすよ」という扱いなんだけど
超長期に渡るそれらの吸引による弊害は、期間が長すぎて、とてもじゃないけど
サイエンスごときじゃ立証できないから野放し。

それらに気づいてほしいからの(集中連載)っす。

「杉を得た我ら」(集中連載1)

まず「命の起源」についての話。

この地球が誕生した際は様々な毒ガスがうずまく大気だったとされています。その頃はオゾン層がまだありませんでしたから、強烈な紫外線もあったでしょうが、大気中の毒ガスが安定化してから、海にあった植物のような根源的な命は、地上にあがったようです。

そしてそれらが正しいのであれば、私たち人間も、その元々のルーツは植物だという事になります。なぜ植物のような生物が誕生したのかはわかりませんが、生き物からしか生き物は生まれないのでしょうから、私たちの40億年ほど前の母は植物だったのかもしれません。

木々を見て、森を見て不快になる人間がいないのは
そういった理由からなのかもしれません。
木々をくぐってきた風を、皆が心地よいと感じるのもやはりそうなのかも。

古今東西、ありとあらゆる人種…気性…性別…宗教…
皆、ほぼほぼ、みーんな…木々を…森を…見れば…触れれば「安らぎ」を感じるって
凄いことです。

そして、杉は1属1種の我が国の固有種の木です。

どこかで後述致しますが
杉はこの地球上で、梅雨があって、かつ雪が降る唯一の陸地である…奇跡の陸地である我が国の固有種です。

ですから外国の人々の「受け」も実にイイ。
暑い国の人々にも…寒い国の人々にも
その芳香は喜ばれる、まさに「地球を代表する香り」なのです。

なるほどそれじゃぁ、日本人が皆、杉の豊かな芳香に安らぎを感じて鎮静効果を感じる
(支持率97% 【一社】適材適所の会 調べ)
のは実に当たり前のことなのかもしれません。
なにしろ私たちのルーツなのかもしれないのですから…。

そう考えれば…

私たちは森の恵みたる木々(杉)の香が無いお部屋では
その人の…その年齢の現状でのベター…ベストの心身にはなれないのではという仮説が成り立ちませんか?

根源的かつ持続的に求めているモノ(=木々)がまったく無い状況ではhappyにはなれそうもありません。

今でも「木ってイイね。」というのは、さすがにシェアされている感はありますが
その中身は「お金持ちのオプション」という感覚です。

「木がイイのは、わかってるけど、そんな贅沢は我が家じゃできないよ。」

現状はそんな雰囲気なんでしょうが
私はそれは正しくないと考えています。

「水を得た魚」という言葉がありますが
木(杉)が身近になければ、おそらく我々は自らのポテンシャルの全てを発揮できません。
まさに「杉を得た我ら」です。

なぜならルーツ、もしくは何らかのつながりがあるからだと私は真面目に考えているからです。

自分で書いていて、これをお読みの方々の嘲笑が聞こえてきそうです(笑顔)。

「なんだよ加藤! ちょっとは楽しみにしてたのに…いきなりこんな話かよ!」

けれどもわかりやすいお話というのは
結論を先に持ってくる話でしょ。

上記が様々な事柄を横割りに…横断的に
勉強してきた私の真剣な結論なのです。

その心…その結論の論拠、推論の数々をこれから書き綴って参りたいと存じます。

まずは私の結論からご披露させていただきました。

予告編2 弊社は「横割り」…「杉割り」(集中連載before2)

例えば工務店さんや設計士さんは「杉」を使ったりしてくださるのですが…
規模はともかく「建築」という行為に及ばなければ杉に手は出しません。
まぁ当たり前ですよね。

ですから…「建築」という行為を実行する人にのみ、良き助言もするでしょうし、具体的な「杉の素晴らしさ」に言及するケースもあるかもしれません。

家具屋さんも同様に「家具製作依頼」もしくは「家具購入依頼」という行為をする人にのみ、プロとして助言してくれるのでしょうし、やはりその中で「杉家具の素晴らしさ」に言及してくれる場合もあるかもしれません。

けれども、いずれにしても一般的には…いわゆる「縦割り」のカテゴリーの中、企業の存在位置周辺である「仕事にならなきゃ教えない…」という状況はあるところだと思うのですよね(まぁ、決して悪い意味だけではなくね)…

ぼくは今回の(集中連載)では、そこをある程度取っ払って、建築・家具などのご予定が無い人でも、情報として「知っていただく」事がまず重要という考えのもと、書き綴っていこうと思っています。「知っている人」を増やしていく事へのチャレンジですね。

知っている人どうしで「イイね」を言い合っていても、ぜんぜん広がらないでしょ。

それに…
たとえ杉の建築にならなくとも…
杉の家具になればいいし…
たとえ杉の家具にならなくとも…
「こぐちパネル」の1枚でも病室の枕元にあるだけで、自分の大切な方が、その方らしく召される空気が生まれると…ぼくは考えています。

http://woody-katoh.com/portfolio-item/koguchi-panel/

ようはすべての人に
杉の恩恵を「知って」欲しいですし、そういう「具体的な百年杉」が弊社にはあるのです。

(まもなく新商品が発表できます。そうすれば…まぁ一応揃います)
口だけでなくモノもあるのです。

現状のカテゴライズである「縦割り」の林業界、木材業界、建築業界ですとか…
そういう観点ではなく…
唯一の「杉業界」…「百年杉業界」という
「横割り」の会社の人間の言葉と思ってお読みいただければ
ありがたく存じます。

百年杉の建築、百年杉の家具、百年杉のセルフビルド、百年杉のグッズ…

弊社はどこまでもしぶとく横に広がって、こだわってる企業なんです。
素材は百年杉に絞って、されど横に幅広くご提案…それが弊社です。
ありそうでない会社…だから他が書けそうで書けないことを(集中連載)していきますね。

例をあげるなら…

睡眠に悩みがある方が…
病院に行って、睡眠薬を処方されて飲めば「睡眠」を得ることは可能になりますが…
無理矢理得た睡眠の代償はあるはずです。

たまたま建築のご予定があって…
更にその建築関連会社が杉についての知識を有する1%…or…0,1%の会社であったりすればいいのですが、それ以外の99.9%のトコでは百年杉による質の高い睡眠の事例の話は提案してくれませんし…

ベッド屋さんでも同様で…
「百年杉の芳香の吸引による脳に酸素が大量に運ばれる睡眠」…という狙いをもって製造をしている企業は、先進国NO.1の少ない睡眠時間と睡眠障害者数の我が国なのに、存在していませんし…

寝具屋さんにいけば…
充実した睡眠に効果のある寝具は買えても、やはり、副作用無くその恩恵にあずかれる「杉の香」まではたどり着けそうにありません。

それなら「横割り」の弊社にご相談いただければ
「百年杉の芳香」だけでなく
「睡眠」にコミットしている勉強家の寝具屋さんもご紹介できますし
オーガニックな衣料のハンドメイドデザイナーさんだってご紹介できますし
弊社が着手できない場所や時期や内容であっても、ともに研鑽を積んでいる建築業者をご紹介することだって可能です。

広く杉と類似する…極めて具体的に参考になると思われるから「横割り」の世界の中で勉強してきて身に着けた知恵なのですから、ただただそれらの多くの師匠をご紹介すればいいのですものね。

連日は無理でも、隔日くらいで一気に書き上げるつもりです。

弊社や私にコンタクトをとる前にお読みになることによって
より深く高い内容のコミュニケーションになれば嬉しいです。

次号より本題となります。

予告編1(新ブログ 集中連載 before1)

ぼくは身近に百年杉がある事によって
皆がもっとhappyになれる。…という推論を持っています。
まぁ確信たる推論という感じ。

そして、それは現代社会において、もれなく屋内に有する揮発性化学物質に対する、具体的な対応策のひとつでもあります。

そしてそして…それらの推論の論拠じたいは、私が勉強してきた各種の学問や事例の横断的融合によるものでもありますので、それらの事柄を一度「一筆書き」にて、書き記す事と致します。それらの事柄を冊子にする事も結構な事かも知れませんが、今はまだそんな話も無いので、ここらでブログに集中的に記す事と致します。

Continue reading “予告編1(新ブログ 集中連載 before1)”