宮城~岩手 百年杉セミナーご報告

28日(日)は宮城~岩手と拙話を披露しにうかがいました。

さすがに1日×2本はメンタル的にもキツくて
なんとかかんとか?いっぱいいっぱいでございました(笑顔)。
ご支援いただきました皆様にはこの場をお借りして、御礼を申し上げたいです。
ありがとうございました。

東北は桧無き森なので、「杉しかない東北」という話になりがちなのですが
「こんなに杉がある森」なのだという流れづくりの一端を担えたのであれば
とても嬉しいです。

(数少ない落葉広葉樹の巨木に会いにご案内いただきました)

私と20年来のお付き合いの方々ならご存知でしょうが
東北地方の豊かな落葉広葉樹の森を国策にて杉だらけの森に変えたのは
仙台での消費だけではないはずであって
東京の方々は東北の杉を“ひいき”にしてあげて買う責務があるという暴論を
昔からぼくは言い続けてきたので、今回のような機会は大変嬉しかったです。

午前中の気仙沼での拙話は主催者の方のお人柄が偲ばれるような
木々の香るお社内の素晴らしい空気と
いらっしゃる皆さんのお顔の表情より
たいへん楽しみにしていただいているオーラを頂戴しまして
スタート前にあれほどの雰囲気をいただけるとは…さすがに過去に記憶がございません。

さらには拙話後の昼食会の際に私に三陸の海の幸を食わせようと…
拙話が始まってから、わざわざ海にカキやホタテを海に獲りに行くという
おもてなしを頂戴しまして…
いやはや拙話が東北の杉の可能性をこじ開ける一端になったのなら嬉しいのですが
本当に私ごときに過分なお気遣いをいただきましてほんとうにありがとうございました。

午後からは一関に移動してダブルヘッダー。
私はプロではないので
話していて午前中に言った内容なのか?午後からはまだ触れていないのか?…
よくわからなくなるような頭グルグル回りながらもなんとかかんとか
後半は自分を取り戻して…なんとか合格点だったような気が致します。

先日の愛知での拙話の際もそうなのですが
「ご質問をその場でしてもいいですよ!」と言っても
なかなか質問が無いですし、終了後にもほとんど質問が無いのですが

今回、ダブルヘッダーでやらせていただいて…
「あぁ、みなさん考えてくださっているんだ。」
…というのが伝わってきまして
たいへん得るもの大きかったです。そう…みなさん考えている…だからまだ「聞く」段階ではないのでしょうね。

私の…
「百年杉が私たちの身体のここにこうやって働きかけてくださって
その結果、身体がこういう反応を示して…こういう事が起きたのではないでしょうか。」

…という話をご自分や身の回りの事と照らし合わせて
考えながら聞いてくださっているのですね。

聞いているというより…思い出しながら考えている…という感じ。
話しながら…「あぁみなさん考えてくださっている。」というのは
ここ1か月間にまとめて4回も開催したので
そこらへんを明確に感じることができました。

私の話を信じようが信じまいが、それは“選択”ですから
どちらでもいいのです。

されど「住」の影響は超ウルトラ長期ですからね。

問題のある「衣」に気づけばその「衣」を捨てればいいし
問題のある「食」であるのなら、その「食」を食べなければいいのですが

35年ローンで家を建てるのなら、その素材のチョイスという行為は
実に35年分の食材の事前発注のような重要な選択なはずです。

病気…治療のようなストレートな問題ではなく
慢性的な症状…のような、その人間の“しょう”を決めてしまうような…
取り返しのつかないような事につながるようなことになったら大変ですよね…
という話を聞いていただくことが重要?必要??であって

私の「百年杉ばなし」を何割信じるか…のようなことは
ある意味どうでもいいことなのかもしれません。

それよりやはり…
「幼いころよりの【三択クイズ】解答の現代社会において、愛…家族…恋…社会…公平…幸せ…のような

正解のない答えに対してあきらめずに、もがき考え続けることの大切さ」

を思い出していただければ、それでいいのだ!…のように思います。

そして思い出させてくれたきっかけをありがとう…の結果

モノというより加藤とつながっっておいた方が

未来は明るそう?!と思っていただく方から

「百年杉」を住まいの中に取り入れてくださる方がいらっしゃれば

おぉ!なんてありがたい。…ということなのでしょう。

私はそんな「青い鳥」に気づく為の「百年杉」なのですが
気仙沼にも一ノ関にも…そして全国各地に、地元の人には見えずらいのだが
そんな「青い鳥」はいると思うのです。

そんな「青い鳥」探しに「百年杉と杉バカ男」をうまくご活用くださいませ。
このブログを読みの皆様もまた、どっかで呼んでくださいね。

がんばれ!やまんばプロジェクト!!

https://www.facebook.com/iwateyamanba/?fref=ts

「青い鳥」を見つけて広めてね。

(やまんばプロジェクト代表の西島さま宅より見える美しき北上川と里山の風景)

そごう横浜・日本橋三越・匠大塚、その他にてウッドデザイン賞2016受賞「百年杉のこぐちキューブ」が、順次展示販売されます。

先日、ウッドデザイン賞2016を受賞した「百年杉のこぐちキューブ」が、以下のスケジュールで、各地の百貨店・展示会等で展示販売されます。

5月15日(月)~6月4日(日)そごう横浜・日本橋三越・匠大塚にて、「百年杉のこぐちキューブ」を展示販売します。

  1. そごう横浜店「エシカルフェア」
    5月15日(月)~5月22日(月)
    神奈川県横浜市「そごう横浜店」3階
  2. 日本橋三越 Hajimarino café 「生命のMinamoto PartⅡ~木の恵み~」
    5月24日(水)~5月30日(火)
    東京都中央区「日本橋三越」7階
  3. 匠大塚・家具新聞社「ワールド・インテリア・ウィーク2017 in 春日部」
    5月31日(水)~6月4日(日)
    埼玉県春日部市「匠大塚」春日部店

百年杉の魅力を知っていただくには、香って・触れて・感じていただくことに勝るものはありません。

また「こぐちキューブ」は組み合わせ次第で印象が変わります。
ご家族や仲間と自由に楽しんで生活の中に取り入れていただければ幸いです。

この機会にぜひお立ち寄りいただいて百年杉のこぐちキューブに触れてみてください。

Continue reading “そごう横浜・日本橋三越・匠大塚、その他にてウッドデザイン賞2016受賞「百年杉のこぐちキューブ」が、順次展示販売されます。”

5/28(日)宮城・岩手2回開催:日本の風土と暮らしの再生「百年杉」とともに『杉は日本の宝』暮らしいのち輝くお話し会

日本の風土と暮らしの再生「百年杉」とともに『杉は日本の宝』
暮らしいのち輝くお話し会

2017年5月28日(日)、宮城県と岩手県にてお話し会を開催します。

杉は日本の固有種で、学名を「クリプトメリア・ジャポニカ」
–日本の隠れた宝–といいます。

今、日本中に放置された杉を活かしていくことが、日本人の「いのち」と「暮らし」を輝かせるひとつの大きなポイントになります。
約10年に渡って「百年杉」を届け続けてきた自称・日本一の「杉バカ男」、加藤木材代表加藤が、現場での具体例を織り交ぜながら、何が「宝」なのかをお話しします。

杉多き東北の山々の未来を明るくするためにも、参考にしていただきたく思います。

講師

埼玉県狭山市 有限会社 加藤木材 代表 加藤政実

加藤政実

1964年北海道生まれ。高校卒業後、木材製品市場にて修行、日本中の杉・桧に触れて「目利き」の基礎を学ぶ。
現在は「百年杉」を専門的に扱う加藤木材の代表取締役。
杉の建築や杉の家具しかやらない、杉屋のような企業活動をしている。

開催概要

第1回:岩手やまんばプロジェクト企画

  • 日時:5月28日(日) 10:30~12:30
  • 会場:天理教神之倉分教会(〒988-0553 宮城県気仙沼市唐桑町神の倉219)
  • 参加費:1,000円
  • お問合せ:吉田義晴 0226-32-2063
  • ※終了後、崎浜集会所にて懇親会あり(参加費500円)。準備の都合上、懇親会に参加する方はあらかじめ吉田までご連絡くだされば幸いです。
  • 主催:岩手やまんばプロジェクト 代表 西島富士子 n.fujiko.08(アットマーク)gmail.com

第2回:
一関市民パワー発電所事業化検討地域協議会GreenPowerMOLE 平成29年度総会記念講演会
岩手やまんばプロジェクト企画

  • 日時:5月28日(日) 16:45~18:45
  • 会場:一関なのはなプラザ 3F 和室(一関市大町4-29)
  • 参加費:無料
  • お問合せ:菅原佐喜雄 090-6222-8634 / s-sakio(アットマーク)mtg.biglobe.ne.jp
  • ※終了後、別会場にて懇親会あり。準備の都合上、懇親会に参加する方はあらかじめ菅原までご連絡くだされば幸いです。
  • 企画・共催:岩手やまんばプロジェクト 代表 西島富士子 n.fujiko.08(アットマーク)gmail.com
  • 共催:一関市民パワー発電所事業化検討地域協議会 代表 佐藤直子

5/13(土)14(日)愛知県みよし市にて『子供たちの脳を守る!奇跡の杉「百年香杉」を語るリリーズ健康塾セミナー』を開催します!

子供たちの脳を守る!奇跡の杉「百年香杉」を語るリリーズ健康塾セミナー

未来に健康寿命を保つ世界を目指す提案

参加者プレゼント
参加者プレゼント

私たちの“いのち”の持続に重要なモノを考えると…

“いのち”は【衣食住の質】によって大きく左右されることがわかります。
東京から沖縄まで…各地で講師がかかわった約10年間に及ぶ

【住】における【百年杉】による各種の症状改善事例を聞いて
【住】を学ぶ機会といたします。私たちは1日に飲食物の約5倍もの空気

を吸っています。

そういった言わば【住まいの食】によって変わってくるお子さんたちの未来を考えませんか。

講師

百年杉の加藤木材代表 加藤政実

加藤政実

森の恵みたる木々…特に杉と我々との関係についての探求は他の追随を許ない。
自他ともに認める「日本一の杉バカ男」。
スウェーデン大使館東京ガス…
数々の場所で講演実績がある

シンギングボウルリラクゼータひちゃこ環癒(たまゆら)さん

ひちゃこ環癒(たまゆら)さん

http://blog.vege.co.jp/posts/1935686

開催概要

  • 5/13(土)1部10:00~12:00、2部懇談・食事会
  • 5/14(日)1部15:00~17:00、2部懇談・食事会
  • 参加費
    • 1部のみ¥1,000 ソフトドリンク付き
    • 1部・2部 ¥3,000 シェフ特別コース料理

主催・会場・参加予約

Lily’s Restaurant(リリーズレストラン)
みよし市三好丘1-13-3
TEL:0561-35-5733

協賛・参加予約

株式会社アトリエエスプリ 百年香杉事業部
TEL:080-4123-6543

百年杉の10年をお話しします。お茶会 / セミナー等のご相談

百年杉の10年をお話しいたします。

弊社代表の加藤政実が約10年間に渡って、何らかの不都合をお持ちの方の身近に「百年杉」を置いていただき、各種の症状改善の「個人の感想」を頂いてきた事例報告を含めた「百年杉の10年セミナー」です。

いのちを太くする【衣食住】。
杉でなければ変革できない領域がある。…という杉バカ男の10年を、最新のサイエンスも交えながらお話しいたします。

※代表の加藤政実をこの内容のセミナーに関しましては、当面、講師料無料。交通費・宿泊費のみで派遣いたします。
5~6人も集まればOKです。本ページ送信フォームよりお気軽にお問い合わせください。

(弊社で協議させていただきまして、どうしてもうかがえない場合があるかもしれません。その際はご了承ください。)

* は必須項目です。

3月16日(木) 百年杉を知るためのセミナーを開催します。

~隠された日本の財産『百年杉』を暮らしに役立てるために~

樹齢80年~100年を超えるくらいの遅成長の高樹齢の杉、そして香りが濃厚で赤味部の色の濃い精油分豊富な杉、さらに低温乾燥もしくは自然乾燥にて乾燥させた杉を「百年杉」呼んでいます。

若い杉とは一線を画した芳香には、副交感神経の弛緩や交感神経の抑制などの深い鎮静効果をもたらすセドロールなどの恩恵物質も豊富にふくまれています。屋内の汚染化学物質の浄化に作用する各種の抽出成分も豊富に含まれていることがわかってきました。

まさに学名通りクリプトメリア=ジャポニカ(隠された日本の財産)になります。
百年杉と我々の身体の関係、様々な症状の改善事例や最新の杉サイエンスも伺います。

開催概要

  • 2017年3月16日(木)14時~16時
  • 会場:生活クラブ生協本部 会議室にて(埼京線「中浦和」徒歩3分)
  • 講師:加藤政実さん(百年杉の加藤木材 代表)
  • 参加費:1,000円   定員:20名
  • お申込み・お問い合わせは、NPO法人 大人の学校
    電話/FAX:048-866-9466  
    メール:otonano-gakkou@ocn.cure.ne.jp
お気軽にお試しいただける百年杉製品を販売します!

06_3

セミナー当日は、百年杉を暮らしに役立てるための小物を販売します。しおりやペン立て、おはし、箸置き、コースター、はがきなど。またお部屋の空気改善に「こぐちパネル」「百年杉のこぐち棒」(右写真)などを用意する予定です。お楽しみに♪

「百年杉とは」+(新)「百年杉の8か条」お読みくださいませ

弊社HP上の最上段の文章である「百年杉の8か条」の文章をオールリニューアルして…
更には「百年杉とは」という新項を新たに追加。

弊社HP内の「百年杉とは」+新「百年杉の8か条」=9項をお読みいただければありがたく存じます。

http://woody-katoh.com/8law/

命を太くする【衣食住】。命を削る【衣食住】を考えるきっかけとしていただければ

ありがたいです。

 

私が約10年間に渡って

何らかの不都合をお持ちの方に「百年杉」を配ってきた事例と「個人の感想」

そして様々な学問を横断的に学んできた事と

ようやく追いついてきていただけた最新のサイエンスも取り入れながら

論拠を明らかにしながらの「百年杉と私たち」という推論であります。

 

杉という我が国の一属一種の固有種に対して知識ではなく

知恵と申し上げれば、また「上から」と怒られそうなのだが

木のプロたる私が、「使える知識」=知恵としてこのように推論をまとめたのは

私にしかできないというより

私の大きな役目のようなものであったのであろう。

その為に私が生を受けたと言うと言い過ぎかもしれないが

こうやっていったん記しておくことによって

私を踏み台にして、「森の恵みの復権」へのさらなる高みへのトライがかなうのではいだろうか。

 

所詮、推論と笑うことなかれ

貴方の大切なお子さんやお孫さんの明るい未来の為にも

貴方の大切なご両親がご両親らしく天に召される為にも

そして何よりあなた自身の幸せな心身の為に

必要な具体策を私の推論は明示しているのである。

 

あやふやな方向性ではなく明確な具体策なのだから

読んでおいて損はあるまい。

 

単なる杉ではなく「百年杉」だからできること。

日本中で「百年杉」が作られる日を切望致します。

 

 

 

 

2/1(水)~2/3(金)ビックサイト「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN」に出展します。

百年杉ベッド「眠れる森のSUGI」百年杉本棚「こぐちキューブ」が、2017年2/1(水)~2/3(金)に開催される、ビックサイト最大のイベントのギフトショーの「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN」に出展します。

http://www.giftshow.co.jp/tigs/life1invitation/

出展場所は、東3ホール「リノベーションゾーン+LIFE STYLINGUS」特設Renoveteria(体験型カフェ『リノベテリア』)内です。

暮らし・デザイン・新時代 洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネートというテーマで、各種イベントや空間演出がおこなわれます。
第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017 LIFE×DESIGN

お便り 「百年杉」

年末となってくると様々なお便りをいただく機会が多いように思います。

とりわけ…百年杉のお陰で…のようなお話を頂戴しますと

いっそう嬉しく思います。

 

10年以上寝たきりの方が召されたお話…

差し上げた百年杉床材のサンプルによって

(サンプルですよ!たった数枚の木片!!)

病院内の独特の匂いがあるけど眠れるようになったし

たとえ眠れない夜も心が落ち着くとおっしゃっていた方が天に召されて

何も入れないでいいからという故人のご意向だったものの…

この百年杉の木片だけは、いつもそばに置いて気に入ってたから…との事で

棺にご一緒におさめられたそうです。

 

病院にお勤めの方が

お仕事ではなく…差し上げたサンプルを有効に使っていただいているのですね。

こういう「おせっかい」をやける方がありがたい。

こうやって「百年杉」をつなげていただける方に感謝でございます。

 

セルフビルドで百年杉ライフをはじめられた方からは…

睡眠もぜんぜん快眠ですし

床と一部壁を施工後は加湿器が不要になったんですよ!…というお便りをいただきました。

 

そりゃそうですよね。

以前は湿度保持エリアがゼロですものね。

湿度は屋内に貯めときゃいい。貯めるには木だし、量が多いのは杉SUGI。

 

実は私も加齢からなのか…

今までは朝まで目が覚める事など無かったのに

この晩秋からは、夜中に1~2度目が覚めてしまう。

まぁそのまますぐに眠ってしまうのですが

睡眠~脳と勉強してきて、まさに自分の心身も「老い」(苦笑)という次のステージに進みながら

処々実感しています。眠れない人とは物凄くたくさんお会いしたけど

自分がなるのは初ですな。

 

「百年杉」の芳香では職業病?なのか

まったく感じなくなっている私は、現在150年杉の濃厚な芳香を発する板を枕元に置いて

アンチエイジングに挑戦中である(笑顔)

(地震とかで倒れたら痛いだろうね…)
(地震とかで倒れたら痛いだろうね…)

この板を使わずに眠る私との比較は無理だから

「どう?」と聞かれると困るのですが

なんとなく自分の「個人の感想」はまた改めて記してみたいと思います。

 

皆さま良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

百年杉のこぐちキューブ「ウッドデザイン賞2016」受賞のお知らせ

加藤木材が提案する鎮静効果物質を放出する本棚「百年杉のこぐちキューブ」が、二次審査を通過し「ウッドデザイン賞2016」を受賞することとなりました。
昨年の建材・部材 百年杉の『こぐちパネル』・木製品 百年杉の『眠れる森のSUGI』に続き、2年連続の入賞でした。
Continue reading “百年杉のこぐちキューブ「ウッドデザイン賞2016」受賞のお知らせ”