空気浄化能力(NO2浄化比)は板目部の6倍。
その反応スピードは100倍の「こぐち」部のみが表面にくるように創られた棒です。

通常の板目材は舵の利きの遅い大型船舶のようで…
夕立がざっと降って湿度が急上昇したとします。
板目材は…
「湿気が増してきたな。さて湿気を吸うかぁ~」
「湿度吸収用意!準備に備えよ~」
…という準備をすすめているうちに
夕立がやんで、今度は急速に湿度が低下した場合
結果として…湿気を吸いも吐きもしないという事があるのですが

「こぐち」部はその100倍のスピードで反応して
まるで舵の利きの良いモーターボートのように
湿度変化に反応して、小刻みに湿気を吸ったり吐いたりするのです。

そして吸った際に
有害物質を吸着固定化して
吐いた際に
鎮静効果物質をふりまいてくれるのです。

この「こぐち棒」をバックやリュックに入れておくだけで
内部が百年杉の芳香に満たされる事を期待して製作致しました。

バック内に入れっぱなしの状況を想定して
丸みをもった姿になっています。

百年杉「こぐち」製品の特性をご理解ください

  • 杉は大変柔らかい素材です。加工~製造~過程において多少の「へこみ跡」や「押し傷」などが生じている場合がございます。ご了承ください。
  • 「こぐちパネル」などの「こぐち製品」は「空気浄化×鎮静効果物質の放出」に特化した製品です。強度は通常の板目材ほどはございませんので、落下時、激しい衝撃を与えた際などに「こぐち」部のピースが剥離する事がございます。そういったデリケートな素材という特性をご理解いただき大切に扱っていただけるとありがたいです。
  • 「こぐち製品」は強い直射日光などの当てますと、材の急激な形状変化により、接着部の剥離をおこします。
    暖房器具のそばや夏季の車内なども同様ですので、急激な温湿度変化のような環境下でのご使用は避けてください。
  • 「こぐち製品」の「こぐち」部の各ピース部の接着部は経年変化によってクラックを生じたり、剥離することも予想されます。ご了承ください。
  • 「こぐちコースター」などはグラスの結露による水の影響を受けた際には、「こぐち」部の仮道管が水を吸引致しますが、あまり大量の水を浴びせた場合、耐水性の接着剤を使ってはいますが、接着部の剥離などにつながりますので、水を使っての丸洗いなどは避けてください。