百年杉の「こぐちベビーマット」

0歳児睡眠障害

いまやなんと0歳児の睡眠障害が多いそうです。
弊社ではそれらの要因として「住」の空気の影響も大きいのでは…と考えています。

ちなみに発達障害の子のお母さんからも
「幼児期から眠れなくて、夜中に起きて積み木を始めたりしていました。」という話を聞いたことがありますし、入眠困難だけでなく…中途覚醒、頻回覚醒という症状はADHDのお子さんに共通する症状のようです。

脳の発達をうながす「レム睡眠」は目覚めやすい眠りの浅い状態でもありますから
せっかくの「レム睡眠」時に中途覚醒、頻回覚醒になることによって
脳を創り育てる機会を逸しているのであれば
なんとか覚醒しないで寝続ける方法は無いものか?
起きてもすぐに2度寝するような状況…。
弊社はそれを研究してきました。

脳の選択

現代の寝室はおそらくそのほとんどが
ビニルクロスの可塑剤に代表される
微弱な揮発性化学物質の放出下にあります。

脳はこの微弱とはいえ化学物質入りの空気の吸引を拒んで
どうやら「鼻孔を閉じ気味にする指令」をだしているようでして
そんな状況下の寝室に「百年杉」を導入すると
「いびきをかかなくなった!…小さくなった!」とのご感想をいただきますので
脳は「百年杉」の芳香の吸引を心身共にプラスと判断するのか
逆に鼻孔全開の指令をだしているようです。
(弊社のこれまでにすでに100例以上になっている事例による推論です)

そんな鼻孔を閉じ気味の睡眠では
体内に取り込まれる酸素の量が減ります。

脳の主食は酸素です。
(体内に取り込まれた酸素の2割は脳が吸収するくらいの大食漢です)

そんな酸素不足の睡眠では、昔の住宅で眠るより
眠りは確実に浅くなっているようです。

酸素の吸引量が少ない睡眠→眠りが浅い睡眠→酸素不足の睡眠→脳の発達と維持に影響?

最悪のピークの屋内空気質

若き二人がご結婚されれば、
多くの場合、賃貸アパートなりマンションに住まわれる事でしょう。

いわゆる「リフォーム済み」と呼ばれる
ビニルクロスの壁紙を真新しいものに張り替えられたお部屋です。

ビニルクロスの可塑剤は数十年かけて揮発して放出されます。
せっかくだいぶ放出されたのに
再び満タンの化学物質状態とも言えます。

  • 建築工事の現場打合せで
    8月~9月の1か月半ほどの間、締め切られたマンションの話です。
    「開錠した不動産屋さんは
    口鼻を手で押さえながら
    そのままバルコニーまで突っ走っていった。」
    …とは友人の工務店の社長の言葉です。
    特に夏季は大量にビニルクロスの添加物である
    可塑剤は揮発しますからね。
    「まるで毒ガスのようだった。」とは友人の弁。
  • ビニルクロス倉庫で働く人は、マスクどころかゴーグル装着の方も多いそうです。
    そうでもしなければ揮発性化学物質がひどくて身を守れないのですね。ご結婚されてから2~3年。
    新たな命を授かったとしたら…
    新しいビニルクロスから2~3年という
    屋内空気質としては最悪に劣悪な状況なのです。

現代の我が国の「住」環境を考えますと…
多くの赤ちゃんはそんな劣悪な屋内空気質のピーク時に入居となっているのではないでしょうか。

「レム睡眠」時に覚醒しやすい空気

この項にレム睡眠とノンレム睡眠のグラフを指さしているブタが欲しいです。
ブタのセリフは…
「眠りが浅いけど、脳を育て創る大事な時期のココで
寝室の空気が悪くて酸素不足で起きてしまうのでは…」

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」がありまして
これが交互にやってきます。
「レム睡眠」は脳を創り育てる睡眠で
「ノンレム睡眠」育った脳を維持する為の睡眠です。

出産直後の赤ちゃんの睡眠は半分が「レム睡眠」で
もう半分が「ノンレム睡眠」という
人生の中で最も「レム睡眠」の割合が多い時期です。

ですから、赤ちゃんの脳は急速に発達します。

けれども「レム睡眠」は眠りから目を覚ます準備をしている状態でもあります。
とても浅い眠りなのです。

せっかく脳を創り育てる「レム睡眠」時に目覚めてしまうのでは
脳の発達が進みません。

もう一度整理してみましょう。

揮発性化学物質入りの空気を嫌って
脳が酸素の吸引量が少ない睡眠を選択→眠りが浅い睡眠=酸素不足の睡眠→「レム睡眠」時に覚醒してしまう→脳の発達に少なからず影響がでるのでは?

最近の研究では0歳~3歳の睡眠は特に重要で
そのあとの心身の形成に大きく影響が出ることが報告されています。

昔の人が言っていた…
「三つ子の魂百まで」というのは正しいのです。

誕生「こぐちマット」

そんな現代建築の状況をふまえて
デザインされたのが、このこぐちマット【ベビータイプ】です。

香りの瞬発力の高い百年杉の「こぐち」部によって創られた
1ピース スタイルとなっています。
この上に敷布団をしいていただければOK。

サイズは市販のベビーベッドの床にピッタリと入る寸法になっていますから
この「こぐちマット」を使って
ベビーベッドの床を香る床にすることも可能です。

副交感神経を弛緩させるだけでなく、交感神経の抑制までつながる
実に深い鎮静効果のある杉の芳香ですので
百年杉がたくさんあるに越したことは無いのですが

生後間もない赤ちゃんは1日16時間の睡眠時間ですので
1日の2/3は、この「こぐちマット」の上にいるはずですので
鎮静効果の香りと空気浄化能力最大のパッケージを
最も身近で発揮できるはずです。

百年杉「こぐち」製品の特性をご理解ください

  • 杉は大変柔らかい素材です。加工~製造~過程において多少の「へこみ跡」や「押し傷」などが生じている場合がございます。ご了承ください。
  • 「こぐちパネル」などの「こぐち製品」は「空気浄化×鎮静効果物質の放出」に特化した製品です。強度は通常の板目材ほどはございませんので、落下時、激しい衝撃を与えた際などに「こぐち」部のピースが剥離する事がございます。そういったデリケートな素材という特性をご理解いただき大切に扱っていただけるとありがたいです。
  • 「こぐち製品」は強い直射日光などの当てますと、材の急激な形状変化により、接着部の剥離をおこします。
    暖房器具のそばや夏季の車内なども同様ですので、急激な温湿度変化のような環境下でのご使用は避けてください。
  • 「こぐち製品」の「こぐち」部の各ピース部の接着部は経年変化によってクラックを生じたり、剥離することも予想されます。ご了承ください。
  • 「こぐちコースター」などはグラスの結露による水の影響を受けた際には、「こぐち」部の仮道管が水を吸引致しますが、あまり大量の水を浴びせた場合、耐水性の接着剤を使ってはいますが、接着部の剥離などにつながりますので、水を使っての丸洗いなどは避けてください。