そごう横浜・日本橋三越・匠大塚、その他にてウッドデザイン賞2016受賞「百年杉のこぐちキューブ」が、順次展示販売されます。

先日、ウッドデザイン賞2016を受賞した「百年杉のこぐちキューブ」が、以下のスケジュールで、各地の百貨店・展示会等で展示販売されます。

5月15日(月)~6月4日(日)そごう横浜・日本橋三越・匠大塚にて、「百年杉のこぐちキューブ」を展示販売します。

  1. そごう横浜店「エシカルフェア」
    5月15日(月)~5月22日(月)
    神奈川県横浜市「そごう横浜店」3階
  2. 日本橋三越 Hajimarino café 「生命のMinamoto PartⅡ~木の恵み~」
    5月24日(水)~5月30日(火)
    東京都中央区「日本橋三越」7階
  3. 匠大塚・家具新聞社「ワールド・インテリア・ウィーク2017 in 春日部」
    5月31日(水)~6月4日(日)
    埼玉県春日部市「匠大塚」春日部店

百年杉の魅力を知っていただくには、香って・触れて・感じていただくことに勝るものはありません。

また「こぐちキューブ」は組み合わせ次第で印象が変わります。
ご家族や仲間と自由に楽しんで生活の中に取り入れていただければ幸いです。

この機会にぜひお立ち寄りいただいて百年杉のこぐちキューブに触れてみてください。

「ウッドデザイン賞2016」受賞概要

ウッドデザイン賞2016公式サイトはこちら

ハートフルデザイン部門

「ウッドデザイン賞」創設の趣旨

我が国においては、戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎えており、適正な森林整備を進めていくためには、国産材の積極的な利用を促進していくことが重要です。

ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。
これによって“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的としています。
受賞者には、様々な広報・PRの場を提供するとともに、生産から消費に関わる人のマッチングを進めていきます。