今が底。がんばろーね。

『百年杉』の専門会社 加藤木材

うっかり水を捨ててしまってから

外の水道が凍っていたことに気づいて

蛇口を握って「温めて」…

蛇口から水を絞り出して…なんとか作業に戻ることができました。

(チョロチョロと流れる水がたまるのを待ちながら、耳と目は森に…)

蛇口を握りしめてる間に、雑木林の気配に集中してみれば…野鳥の気配があります。

彼女たちはエサが無くて、今がいちばんしんどい時期。

スズメ、コジュッケイ、ケラ、ハト、ハクセキレイ…etc

「がんばりましょうね。今が”底”ですから。これから上がっていきますから。」

 

実は先日、【百年杉】ベッドを見に…遠く小田原からお見えになった方(圏央道を通って1時間で着いたそうです)が

驚いておられましたが【百年杉】の香りも今は底。この時期はもっとも香りがしない時期なのです。

木は空気の吸放出という「呼吸」時に香りが樹内より出てくるのですが

木は湿度変化時に「呼吸」しますので、この時期は湿度変化に乏しいので「香り」はおとなしいのです。

 

やはり春分の日~秋分の日の時期になると

ふたたび濃厚な香りがよみがえってきます。

「これで…この香りで底なんですか?!」(驚)

「はい。底なのです。温かくなればこんなものではありません。」

そうです。【百年杉】の香りも今が底。

 

自然界の仕組みはまったく素晴らしい。

乾燥しきった冬季に、極寒になれば着雪して空気の乾燥を緩和してくださる。

野鳥もエサが無くてキビシイ状況なのですが

そういうキビシイ環境をくぐり抜けた”生命力”を持つ野鳥が代をつないでいくのだから

簡単には絶滅しない。

山のドングリも定期的に豊作と凶作を繰り返して…

熊さんが増え過ぎずに絶滅しないように導いて下さっている。

 

「今が底」

さぁ鳥さんもいっしょにがんばろー!

 

 

有限会社 加藤木材
〒350-1312 埼玉県狭山市堀兼八軒屋2348-1
TEL 04-2957-9444(月~土 9:00~17:00)