百年杉8か条

『百年杉』の専門会社 加藤木材

百年杉とは

【百年杉:ひゃくねんすぎ】樹齢80年~120年の高樹齢かつ精油分(=エッセンシャルオイル)豊富な杉を、それらを損なわない自然乾燥 + 低温乾燥装置にて乾燥させて製品化したものです。

香りの源たる精油分や抽出成分の沸点は50℃弱ですから、それ以上の温度で乾燥させてしまうと、ありがたい成分が揮発してしまうのです。豊富な香りの素をなるべく無くさずに製品化。…それが「百年杉」です。

効果が高いSUGIこそ「百年杉」:百年杉8ヶ条の8

わが国の国土の森林の再生のスタートは植林にあらず。
杉の活用(国土の森林の45%が人工林で更にそのうちの44%が杉である)であって、更には活用のみではなく、環境との両立をはかっていかなければなりません。

その為に弊社では約10年間に渡って、花粉に代表される厄介者扱いの杉のストロングポイントは何なのか?!
私たちの何に杉の何がどう働きかけてくれるのか?!を探求してきました。

杉の何が我々の何にどう働いてどんなhappyが訪れるのか?
その推論を…論拠を明らかにして記してきたのが前述までの第1条~第7条です。

忘れられない「百年杉」事例:百年杉8ヶ条の7

現状の現代建築への批判というよりは「【住】環境の過ぎた効率化」によってもたらされているのかもしれないリスクを考えて、その推論への対案としての「住まいに百年杉を!」を記しているつもりなのですが、お読みの方々に届いているであろうか?

「百年杉」床材=「尾鷲香杉」と五感:百年杉8ヶ条の5

「五感」…そう我々皆が持つあの「五感」である。

我々はこの世に生を受ける…誕生以前のまだママのお腹にいる際に、すでに「五感」の全てが備わっているそうです。

その五つの「感」のうち、一番先に備わるのは「嗅覚」らしいので、第2条~第3条でお話させていただいたように、我々が己の命を守る…太くする為の選択として、脳の「空気」に関する臆病なくらいの注意力の発揮は、こんな所にも表れていて、まさに空気中の化学物質を恐れるのは我々の本能であるように思います。

脳独自の選択 脳が好む百年杉の芳香:百年杉8ヶ条の2

“脳”とは言わずと知れた誰もがその頭部に有する脳である。

百年杉と睡眠の関係

弊社は約10年に渡り、新築やリフォーム工事にて百年杉の床材「尾鷲香杉」の施工などを行わせていただきました。その後、お客様に「個人の感想」をうかがってみると「百年杉で以前よりよく眠れるようになったのです!」…といった「睡眠状況の改善」に関する感想が多いことに気づきました。

そこから私は「睡眠」について勉強を始めました。
睡眠の本を読んでいくと、今度は「睡眠とは高次脳機能にも関わっているのだが、よくわかっていない。」「脳と関係があるのだが、完全に解明されていない部分が多い。」などの表記が多くありました。そこから更に「脳」に関しての本や資料を読み勉強を続けています。

加藤の推論:百年杉8ヶ条の1

この「百年杉の8か条」は、約10年間に渡って弊社が百年杉を様々な方々にご体感いただいた『個人の感想』と、処々勉強探求してきた『百年杉と私たちの身体』に関する事象について考察し、その論拠を明らかにした推論です。

有限会社 加藤木材
〒350-1312 埼玉県狭山市堀兼八軒屋2348-1
TEL 04-2957-9444(月~土 9:00~17:00)