空気浄化と鎮静効果物質の放出スピードが通常の板目材の100倍です。単位面積当たり最大の杉の恩恵のパッケージです。

この「こぐちパネル」を既存のベッドや寝る際の近くの壁…お子さんの勉強机の近く…みんなが使うトイレの壁などに取り付けをして、その効果を得る事は最小単位の面積で最大の恩恵を得る事になります。

入院された方の枕元に置くなりするだけでも、屋内の消毒液臭が緩和されて、癒されるでしょう。持ち運び可能な譲渡・転売可能なサイズであって最大の空気浄化の恩恵の製品です。

「こぐちパネル®」は、商標登録製品です!

「こぐちパネル®」の使い方は無限

  • アンチ化学物質対策インテリアとして。
    百年杉の「こぐちパネル®」でお部屋の空気が変わります。
  • 睡眠に不安をお持ちの方へ。
    百年杉の「こぐちパネル®」がお部屋に放出する鎮静効果の高い恩恵物質をご体感ください。

多くの時を過ごす場の空気を変えてみませんか?

  • 具体例①既存ベッドの改造
    今お使いのベッドのヘッドボード付近に「こぐちパネル」を取り付けられませんか?ヒモで結んだりビスで留めたり…「百年杉のチップ枕」だけでは得られない芳香に貴方の鼻孔は包まれるはずです。今までの経験から考えますと、我々の脳は「百年杉」の芳香の吸引を心身ともにプラスと判断するのか、独自に鼻孔全開の指令を出している感があります。それとは逆に微弱な化学物質入りの吸引を脳は拒んで、鼻孔を絞る指令を出している感を弊社では持っています。そう考えますと、「百年杉」が「睡眠」のそばにあっての「いびきの消失」や「いびきの減少」という実に多くのお客様の「個人の感想」もうなずけます。
  • 具体例②お子様の勉強机の壁周辺
    お子様の勉強机周辺の壁面などに取り付けられませんか?空気浄化機能によって集中力の向上などが期待できます。
  • 具体例③トイレの壁
    トイレは総じて狭いので百年杉の芳香がたまりますし、トイレですることは重要な排泄行為ですから鎮静効果は大きな恩恵になります。更にトイレは家族みんなが使いますから、家族全員に「百年杉の芳香」→「鎮静効果」が行き渡ります。便座に腰かけた際のお顔(=呼吸器)からほど近い場所に「こぐちパネル」を4枚~6枚~8枚張ることによって、トイレの中は「百年杉」の芳香に包まれるはずです。
  • 具体例④病院のベッド
    入院のお見舞いに「百年杉の芳香」はいかがでしょうか?百年杉の芳香によって鼻孔が開き、呼吸が深くなるのであれば、深くなったその分だけでも免疫力の向上も望めるかもしれません。睡眠の質の向上によって病魔との戦いのお力にはなれないでしょうか。そしてもちろんお元気になって退院していただきたいのですが、もし、残念ながら…やがて天に召される日がそう遠くない状況の際でも、その最後は消毒臭い病院の空気ではなく、森の恵み…森の香りの中で召されていただきたいと思うのは弊社だけでしょうか。お見舞いとしてのベッドサイドでのご使用に関しましては、特別価格にてご提供させていただいておりますので、ご活用いただければありがたく存じます。
  • 具体例⑤ 新築・リフォーム時
    「こぐちパネル」を弊社よりご購入いただき、プロに取り付けてもらう。施工業者さまが建築工事にてご自宅に入られるご予定がある際にあわせて、この「こぐちパネル」をお買い上げいただいて、プロの業者に希望の場所に取り付けてもらうのはいかがでしょう。

「こぐちパネル®」商標登録

  • 無塗装品
  • 寸法:縦300㎜×横300㎜×厚15㎜
  • こぐち(小口:切断面)部は、板目(年輪が平行ではなく山形や筍形の木目の板材)部の100倍のスピードで呼吸
  • 裏面を浮かせれば「恩恵効果」2倍
  • Webショップ URL: http://woody.theshop.jp/items/2271347
  • かんたん取り付けマニュアルPDFをご覧いただき、セルフビルドにチャレンジしたい方、プロに取り付けを依頼したい方、または疑問や不明点などお気軽にお問い合わせください。

「こぐちパネル」の効果のお試しに、安価な「こぐち棒」はいかがでしょうか?バックやリュックの中に入れておくだけで、「百年杉」の芳香が広がります。その効果をご確認ください。

「木(杉)ってイイね。」…で終わらせずに。

杉の何が私たちのどの部分にどう働きかけてくれて…
その結果、身の回りに杉があってhappyな事になっているのか?
を考えること…

言わば徹底的に杉を探求した結果生まれたのが「こぐちパネル」。

  • 汚染化学物質の吸着固定化
  • 鎮静効果のある恩恵物質の放出

杉の最大のストロングポイントである、この2点のありがたい作用を板目材の100倍のスピードでおこないます。

杉はダントツの空気浄化機能をもっています

百年杉の呼吸量は抜群

木はみな呼吸して、その過程で空気を浄化してくれます。
湿度が上昇すると湿気を吸ってくれて、その際に空気中に存在する我々にとって害のある化学物質を吸いこんでくれるのです。

杉はその空気浄化機能が身近の木ではダントツの数値です。
浄化第2位グループの桧の実に6倍!キリの17倍!の空気浄化能力を持っています。

杉の香りには鎮静効果のある物質が含まれている

適材適所の会でおこなわれたアンケート

杉の香りは総じて好評で、ほぼ全ての人は「いい香り」と感じる不思議な香りです。( (一社)適材適所の会の調べでは97%の支持率 )

最新の科学によるとその芳香の中にはセドロールなどの鎮静効果のある恩恵物質が含まれている事がわかってきました。

杉が身近にある最大の恩恵である「空気浄化(吸引時)+ 鎮静効果物質の放出(放出時)」は、吸放出という杉の「呼吸時」におこなわれます。

ようは吸った際に「屋内にあるやっかいな化学物質も一緒に吸ってくれて、その体内にある成分と結びつける事によって(Hが2個とOが1個結びついてH2O(=水)になるのと同じ)別の安定化した物質にして、その体内に固定化してくれます。放出時にはセドロールなどの鎮静効果が含まれている恩恵物質を出してくれるのです。

またマウスに杉の精油分の芳香を吸引させた実験によると、副交感神経が弛緩するだけでなく、交感神経の抑制という実に深い鎮静効果が得られる検証がなされています。
「杉が身近にあると落ち着くよね。」という五感の科学的証明の一端が明らかになってきています。

杉が身近にあっての最大の恩恵である「空気浄化(吸引時)+ 鎮静効果物質の放出(放出時)」は、吸放出という杉の「呼吸時」におこなわれます。
吸った際に「屋内にあるやっかいな化学物質も一緒に吸ってくれて、その体内にある抽出成分と結びつける事によって【Hが2個とOが1個結びついてH2O(=水)になるのと同じ】別の安定化した物質にして、その体内に固定化してくれます。放出時にはセドロールなどの鎮静効果が含まれている恩恵物質を出してくれるのです。

例えるなら杉は…
「毒を吸ってくれて、そのまま溜めておいてくれて、代わりに安らぎの空気を放ってくれる。」
…なんて杉ってありがたいのでしょうか…。

100倍のスピードでの呼吸=「こぐちパネル」

板目と小口の場所がわかる断面図
杉の湿度変化時の「呼吸」の際の恩恵を100倍のスピードにしたパネルがこの「こぐちパネル」。
極めてツイスティに俊敏性を持って呼吸活動をします。(板目部とこぐち部でのNO2空気浄化機能の比較では約3~4倍という研究結果があります)

板目材は言わば舵の利きが遅い大きな船です。
夕立が降ったとします。
湿度が上昇して板目材は湿気を吸おうと準備をはじめますが「おもか~じ!」と言ってもなかなか曲がり始めない大船のように、なかなか吸い始めません。
そうしているうちに雨は止んで、湿度が下がり始めます。
結果、板目材は「呼吸」を行わないということも珍しくありません。

それにくらべて「こぐち」は100倍の俊敏性で呼吸をしますから、舵がすぐに利くモーターボートのように「吸う ⇔ 吐く」を繰り返すのです。

反応速度が100倍なのです。

日本はおそらく世界一の年間湿度変化の大きな陸地です。
ベトナムには雪は降らないし、パリもロンドンもベルリンにも梅雨は無いのです。
北海道を除く日本列島は「奇跡の島」です。地球がぎゅーっと詰まった大地なのです。

この「こぐちパネル」はわが国の年間~一昼夜間の大きな湿度変化時に極めて俊敏に多数の吸放出=呼吸の回数を増やして、その「呼吸」時の恩恵に授かれるというデザインとなっています。

杉の恩恵は香りで決まります

こぐちパネルの活用例

単位面積当たり最大の「百年杉」の恩恵がギュッっと詰まっているのが「こぐちパネル」です。

杉の恩恵は香りに比例します。空気浄化機能に必要な抽出成分は経験的に精油分に比例致しますので、香りが濃厚な杉の方が効果は高いという事になります。

そして香りは樹齢ですから「こぐちパネル」は「百年杉」で製造されていますし、通常の「百年杉」の板目材よりも香るデザインとなっている点は前述の通りです。

単位面積当たりで、これ以上に香るパネルは考えづらいのです。

創造力・情操力を育む「こぐちパネル」

「こぐち」とはバウムクーヘンにたとえられるあの文様です。
世界に一つの同じモノはないf/1(ゆらぎ)のデザインです。

「こぐちパネル」内の「こぐち」には、色の濃いものと薄いものが混在しています。

「こぐちパネル」の白太部の場所イメージ

色の薄い部分は白太部。色の濃い部分は赤味部と呼ばれます。
一般に杉の白太部は約20年ほどの成長過程の部位です。

小径木だと白太分ばかりで、赤味部はまるで梅干しのように小さく感じて、大木になると白太部を薄く感じます。
この「こぐちパネル」の木片に「白太部は約20年」という情報を伝えるだけで、子ども達はその木片の、もともとの丸太の大きさの外周のシルエットや樹芯部さえも想像できるようになります。
「こぐちパネル」は空気浄化だけでなく、子ども達の創造力さえも育むでしょう。

あえて白太部を混在させることにより、この「こぐちパネル」はその想像力をかきたてる事も可能にしています。
また、白太部は赤味部に比較して、空気浄化能力には劣るものの「多湿 ⇔ 過乾燥」の湿度調節作用には優れています。
白太部を混在させることによって、他種多様なメリットが生まれてくるのです。

接着剤にも配慮

いわゆる「木工用ボンド」(酢酸ビニルエマルジョン)の中でも粘性が固く耐水性さえも持つ接着剤コニシ社CHR45Wを使用しています。この最も固い木工用ボンドを使用することによって、毒性が低く更には杉材内に接着剤の浸透をできるだけ防ぐ狙いがあります。

それでもさらに「米のり」や「ニカワ」などの天然由来の接着剤使用の製品をご希望の方は、別途お問合せください。

  • 弊社では、イソシアネート系の接着剤は使用いたしておりません。たいへん接着力は高いのですが、成分表示データの開示に不満を持っていますし、比較的新しい技術ですので未だ用心しています。