前略 ママになる前の君へ(集中連載11)

実はこの(集中連載)は誰に向けて話しているのか?と問われれば

その全てではなくとも、ひとつには10代~40代のママになる前の女性というのが

私にはあります。

 

前略 ママになる前の君へ

 

お元気ですか?

 

避妊の方法は教わっても

Happyな家庭の築き方…元気な赤ちゃん…

家族の幸せを下支えする「衣食住」とは…のような事を

学ぶ…教わる仕組みもない現代社会ですので

まぁ、拙文が幸せの為の「衣食住」…

とりわけひどい状況の【住】について「知って…考える」きっかけになるのであれば

やはり嬉しいです。

 

知っているのに黙っているのはフェアじゃないし

かといって教え過ぎても、スマホでスイスイじゃ身につかないしね。

自分で何度も考え抜かなきゃ、身につかない。

だから「ぜんぶ」は書けない。命もちょっとは惜しいしね(笑顔)。

 

「知らない」というのは

「知る努力を怠っているのだから、それは自業自得だよ。私達だって知るために賢くなる為に…時間もコストもかけてきたじゃないか。そんな知らない人を相手になんかしてないで、知ってる人どうしで、進めるべきだよ。」

 

そういうありがたい忠言を言ってくださる方も私の周りにはいるのですが…

私はもうちょっとだけ「おせっかい」な事を書く事とします。

 

(集中連載9)では恐ろしい事を書きました。

 

(長期にわたって体内に取り込まれたやっかいな物質)-(これまでに排泄された厄介な物質)=「体内に残った厄介な物質」赤ちゃんに送り込まれるモノ

 

そうならない為にできる事とは…

厄介な物質をできるだけ体内に取り入れない事と

入ってしまった厄介な物質を出す事です。

 

【百年杉】がデトックス向きの素材であることは

別の所で後述させていただきますが…

 

(集中連載6)で書いたように

薬の定義とは…

「薬効たる効果がある物質は、必ず他の部位に毒性をもたらす。」

…のであれば

 

ある対処療法として体内にとりいれた薬も

その目的を達成したとしても

残ったそれらの物質は、身体のどこかにたいして厄介な物質となる訳ですから

薬は否定しないけど、その服用量には注意したいし

ママを意識しているのであればなおさらです。

 

されど、例えば脳は極めて高熱に弱い部位ですので

脳に障害が残る恐れがあるような高熱が出た際とか

やはり適量の解熱剤のお世話になる事は重要ですし

 

YES or NO

ALL or NOTHING

スイッチが入る!…的な考えではなく

 

くれぐれも「あんばい」が重要であって

私が尊敬する方が「スイッチよりもダイヤルを!」とおっしゃっているのですが

まったくその通りだと思います。

 

わからない時にスマホで答えを探す…

ようではhappyな家庭は築けないと思うのです。

 

今まで解いてきた

ペーパーテストには必ず答えが1個あったのでしょうが…

 

世の中、自然界、私たちの身体…幸せ…には

答えが複数あったり、時期によって答えが変わったり…

 

言わば答えのない旅みたいなもんなのです。

ですから

幸せの為に、もがいてもがいて

何度も何度も考えて考えぬいて身に着けていって欲しいのです。

 

雨は恵みの雨にもなれば、人命さえも飲み込みます。

善悪の択一的な感覚だけでは危険なのです。

 

【衣食住】に関しましても…

何が正解で何が不正解なのか、ある程度わかるころには皆、軽く60歳を超えているでしょう。そういったマイスターになる前に子供たちを育んでいくむずかしさが我々にはあります。

 

「入ってしまった厄介な物質を出す事」も重要だと申し上げました。

そう考えますと便秘の方は要注意ですよね。

 

あなたがもし将来、ママになる事を考えていて、けれど残念ながら便秘症であるのなら…

もちろん緊急避難としての薬は否定しませんが

根本的なそれらの解消にむけた取り組みをしていく事をお勧めいたします。

 

もちろん身近に【百年杉】があることもいいのですが…

(これはどこかでちゃんと後述致しますね)

オーガニックな着衣ひとつ(直接触れる下着はより重要)…

それこそシャンプーひとつ変わっただけで

生理も一定になって、身体のサイクルが良化した友人もいますし

通勤経路を変えただけで、皮膚のコンディションが良くなった友人もいます。

昨日までと同じルーティーンでは、同じ結果になりますからね。

 

 

「排泄に難あり」→「排便の促進」のみを目的にしないで

身体のサイクルが乱れている、おそらく複数あるであろう原因を

ひとつずつ探っていって、もがいたその分だけ賢くなって…それをママの知見として生かしていただきたいのです。

 

保育園だけできれば

少子化は解消と思っている…

極めて超近眼の対処的な人たちと同じようにはなってほしくないのです。

 

【百年杉】は【住】のなかにあって、とてもありがたい素材なのですが

「【百年杉】さえあればいいんでしょ?!」

…のような考え方になってもらいたくないのです。

そういう考え方が、「ただちに健康に影響のない衣食住」だが…

逆に読むと、じわじわと身体を蝕む「衣食住」を氾濫させていると思うのです。

 

赤ちゃんが生まれてからの重要な【住】

重要な赤ちゃんの睡眠と【百年杉】の話も

改めてじっくりと書きますので

読んでくださいね。

ではまた。

 

草々。