百年杉のデトックス(集中連載26)

私は「百年杉」はデトックス向きの建築素材だと私は考えています。

 

正確に言うと…

現代のビニル建築では、

我々それぞれの内臓・自律神経・血管…etc…が己の能力をフルに発揮できていない印象を持ちますので

例えが相変わらず悪くて恐縮ですが

戦後に米軍に接収された四式戦闘機が米軍のガソリンを積んで飛ばしたら

日本のガソリンの際の最高速度より10%以上最高速度が速くなったみたいな事でしょうか。

「住」環境が悪くて、私たちは本来の能力を発揮できていないのです。

 

 

以前、都内でマンションリノベーションのお仕事をした際に

お引渡しが済んでから、棚板の増設やら手すりの設置などをしていた際に

その後、数か月後にやはり「百年杉リフォーム」をする予定の同じマンション内の

奥様が…

 

「●●さんはリフォーム後に、お顔のむくみもとれて

キレイになられて、あたしもリフォームが楽しみだわ。」

 

とおっしゃっていたことがありました。

 

私が見ても、たしかにそんな感じがしましたし

女性には便秘の方も多いと聞きますからね

様々な体調良化があったのではないかと推察致しております。

 

「デトックス」と言えば

我が国の食文化においては

「春の七草」が有名です。

 

代謝がなかなか進まない冬季を終えて、

「あえて、アクの強い七草を食すことによって、体内にたまったアクを排出する。」というあれです。

 

植物の力は偉大です。

そういうデトックス効果が我々の食する植物にはあります。

ありがたいことです。

 

私が今回お話している「百年杉のデトックス」とは

これらのありがたい「植物の偉大な力によるデトックス」ではなく

もっとベーシックな

本来あるべき、正常な内臓の作動や自律神経の適度な弛緩や血管の拡張といった

当たり前の望むべき「住」環境を基盤とした心身の状態ともいうべきものです。

 

残念ながら、現代のそのほとんどの方々…

老いも若きも、ビニル主体の「住」環境に身を置く我々は

総じて「眠れず」に「自律神経の過緊張状態」にあるように考えられます。

 

よく血液サラサラばかりが言われますが

我々の血管は堅牢な上下水道管のようにはできていません。

収縮自在の血管なのです。

 

「【百年杉】の部屋にいると血圧が下がるんだよな。」とは血圧を測りながらの

高血圧気味の私の父の弁なのですが

そんなのは当然であって、自律神経の適度な弛緩と血管の拡張による現象でしょう。

 

「眠れずに自律神経の過緊張状態」が続けば

それでは血管だって収縮して詰まり気味の慢性化になりますよね。

 

脳梗塞、心筋梗塞などの「詰まり」傾向の疾患は「住」環境による影響は大きいのではないでしょうか。

 

それなのに…人生の功労者の方々たるお年寄りがお住まいの施設って化学物質豊富なモノばかりですよね。

あれではその方らしくは召されるのは大変。なんであんな目にあわなきゃならないのでしょうか。

お年を召されて、各種の能力はじわじわと下がっていくのに

更に能力を押し下げる空気の中に押し込まれています。

IMGP0043

 

 

 

 

 

 

 

話を戻します。

現状の「住」環境は

すみやかに体外に出したいモノを手際よく排泄できない「住」環境のように思います。

 

言わば先述の「春の七草」のような

季節の転機にお世話になる「植物の偉大な力によるデトックス」以前の話…

 

我々の本来の状態=本来あるべき内臓の作動や自律神経や血管のコンディションに無いために

排泄がなかなか進まない事とでもいいましょうか…「本来の状態」の基盤ができていないのだと思われます。

 

「百年杉のリフォーム」もそうですが

床材などある程度の量を持って「百年杉」が身の回りにあるお客様の後日の感想としましては…

「とにかくホームセンターや商業施設などの空気が悪い場所に以前より耐えられなくなった。」

 

と皆さんおっしゃいます。

 

これはいわゆる「呼吸が深くなった。」ということのようでして

「百年杉の芳香の吸引を心身のプラスと脳がとらえて、鼻孔全開の指令をだして、酸素がたくさん体内に大量にいくようになったこと」によるモノだと推察するのですが

 

よくヨガの先生が

「深呼吸しただけで免疫力アップ!」とおっしゃいますが

 

呼吸が浅い現代人の要因はやはり「住」環境にあるように思います。

 

そう考えると

「百年杉」のある「住」環境は、数千年以上続く「木の住まいの国」の我々本来のあるべき姿を取り戻すことでもあり

そして更には、植物本来の力を宿した旬の露地の無肥料のお野菜などを継続的にいただくこと。

せめて直接触れるインナーだけでもオーガニックな下着にするであるとか…

 

「住」を基盤に「衣食住」を連携して学んでライフスタイルに落とし込んでいくことによって、こんな時代だからこそ、我々はもっとhappyになれるし、将来もhappyに自分らしく召されるはずです。

IMGP0033

「百年杉」はデトックス向きという冒頭の言を

もうちょっと補足すると…

 

あまりにも自律神経が乱されるような空気と触感の「住」環境に身を置く我々は

あらゆる「地力」が不足状態であって、やはりその結果、排泄にも難があるように思います。

早々に外部に排泄したいものが排泄されないで体内に残ることは

万病の素ともいえる事象です。

 

植物のありがたい恩恵であるデトックス効果をいただくことは素晴らしい事なのですが、

その対処の継続~連続以前に…

 

「住」環境の空気と触感を変える事によって

より正常な本来あるべき心身になることによって

もっとデトックス効果のあるライフスタイルは可能なのではないでしょうか?

そしてその為には「百年杉」ではないか?…という事です。

 

 

以下は1年くらい前の会話…

今でも時々想い出す…

ある自然農野菜ばかりを扱っている八百屋の

(私と同年代の)店主の方と私との会話である。

 

 

「加藤さん、【衣食住】で何が一番大切だと思う?」

「【食】ですか?」

「あかん、あんたがそんな事言ってちゃあかんわ。」

「…。」

「そりゃ【住】に決まってるでしょ。」

「!」

「だって、いくらオーガニックな衣類着てたって、毎日外で…公園で寝るんやで

そりゃ裸だっていいわ、あんたの杉のおうちなら…。

食いもんだって同じ。

無肥料の美味しい野菜を毎日公園で寝泊まりして食べるより、あんたの杉の家で多少添加物が入ってたって、それを裸で食べてる方が幸せやで!」

「…。」

「ほら!あんたが頑張らんと!」

「はい!ありがとうございます。」