『百年杉』の専門会社 加藤木材

睡眠・安眠リフォーム・リノベーション

住まいに求めるモノとは?

「住まい」に求めるものを具体的に表現すると何になるのでしょうか。

  • 高断熱=省エネ
  • 耐震・免振・制震性
  • 動線…設計士と創る
  • ローコスト
  • デザイン
  • 気密性
  • 天然木

睡眠・安眠リフォーム・リノベーション

「注文住宅」で検索して出てくる数十社の基軸となるPR文章を集約すると
上記のようになりました。

【百年杉】の加藤木材は約10年に渡って専門的に【百年杉】を扱ってまいりました。

【百年杉】が身近にあることによるお客さまの様々な変化とご感想…
翌日…1か月後…1年後のお客さまのご感想をいただき続けながら…
睡眠…脳…身体の仕組みの勉強をし続け、【百年杉】の恩恵の探求をし続けて…

その結果として、「【百年杉】を活用した眠れる住まい」と「眠りづらい住まい」の違いを
体得するに至りました。

冒頭の現代住宅に求められている「住まいに必要な要素」と重ねていきます。

高断熱=省エネは高性能ですが「眠りづらい家」
耐震・免振・制震性は優れていますが「眠りづらい…」

もちろんそれが目的ではありませんが、慣行建築業界は結果として数千万円かけて「眠りづらい住宅」を建て続けています。

お客さまは「住まい」に漠然(ばくぜん)と…安らぎや健康を求めているのでしょうが
慣行建築業界は「安らぎ」や「健康」の生理的要因や、そこからの具体策を探求する必然性を感じていませんから、言わば「住まい」に関する両者のミスマッチは限りなく続いているように思うのです。

そしてこれらの根本的な原因は慣行設計建築業界ではなく、わたしたち消費者側が個々のカテゴライズに関する効率化ばかりを求めるという…
木が見えても森が見えなくなっていることが原因のように思います。
「知識」の取り出し方ばかりを求め続けた結果、自己に「知恵」を有さないわたしたちに根本的な原因があるのではと思います。

空気の質と睡眠

酸素を吸い込むイメージ

わたしたちは「食」において注意を払い続けています。
そしてそれらの多くは、「食」の「量」ではなく、「質」に関する話です。

しかしわたしたちは、注意を払い続けている飲食物の約5倍という大量の空気を毎日吸い続けている、ということはご存知でしょうか。

また、わたしたちの身体は水さえあれば2~3日食べなくても生きていけますが
酸素は10分無くなっただけでも緊急事態です。“いのち”に関わる一大事です。
「あぁ腹減った!」とは、よく聞く台詞ですが、「あぁ酸素足りない!」とは言わない…。
けれども酸素の方が短期的には“いのち”には重要です。

睡眠をシンプルに考えれば、寝室の空気を吸って使用済みのCO2を吐くという行為の連続です。“いのち”の持続のための根源的要因である「衣食住」のうち、「住」の影響が最も大きいと考えるのは自然なことです。

「食」はあればいい…のではなくその「質」が重要。それと同じ考えなのです。

酸素や空気はあればいい…のではなく
「空気の質」に関してお考えになったことはありますか?
「空気の質と睡眠」ということ。そしてその為の【百年杉】。

酸素は身体中の全ての場所で求められ続けています。
どこ?…ではなくすべて!です。脳、臓器、血管、細胞…すべてです。
酸素は血液を通して身体中に運ばれます。
けれども身体中の全ての部位が「酸素腹ペコ」状態で、それが常態化してしまっては
各部位の能力発揮と維持に問題がでてきそうです。
ガン細胞と戦う力もそうですし、免疫力…そう…全てです。

「眠れないんだよね」

「眠れないんだよね。」とは、今やよく耳にする言葉なのですが…

「眠れない」ことを放置することや安易に薬に頼ることは、未来の“幸せの到達点”を著しく下げます。
わたしたちは【百年杉】の10年間を通じて、そういう多くの方々とお会いして学ばせていただきました。

ここに「屋内空気質と睡眠」の二つ目の大きな問題として、
わたしたち自身が、「睡眠」の優先順位を低く考えすぎているということがあります。
いくら他に満足している事があったとしても「眠れない」ことが続く限り、“幸せの到達点”を大きく引き下げる事を認識していない人は多いと思います。

「眠らない」と「眠れない」は違うのです。

「眠れない」状態が続けば、若く地力に勝る頃はまだごまかせても、やがてごまかしがきかないようになって、気づいたころには遅きに失する…。
特に「子どもが眠れない」という状況であるのなら、ある意味、全ての事柄を放棄してでも、お子さんの睡眠状況の改善にありったけの情熱を傾ける価値はあるのです。
「眠れない」ことは、それくらい“幸せの到達点”を下げてしまうのです。

さらには2017年6月のNHKスペシャルでオンエアされた「睡眠負債は認知症の恐れありであって、こどもたちの成長にも大きな影響」という話。

わたしたちの身体は「寝だめ食いだめ」はできませんので、毎日しっかりと「眠れない人」は睡眠不足の「負債」が溜まっていって…という内容でした。赤ちゃんからお年寄りまで…まさに老若男女問わずに「眠れない」ということは、万病のもと…不都合な症状のもとなのです。

「睡眠」の現状分析

最後に「眠れない大国にっぽん」の残念な現状を考えてみましょう。
欧米では2000年頃から、屋内空気質の差による人々への影響について、様々な機関が言及しています。

人は健康への権利を有するという原則の下、「何人も健康的な屋内空気を呼吸する権利」を持つと宣言する。
現代生活において、人々は90%以上の時間を屋内で費やす。我々は空気中に存在するあらゆる汚染物質に食糧と同様に考慮しなければならない。建材・接着剤・ペンキ家具やその他のものは空気汚染の代表的な原因である。

(世界保健機構WHO「健康な屋内空気宣言」2000年)

劣悪な屋内空気質(Indoor Air Quality=IAQ)は子どもの集中力・計算力・記憶力に影響を与える。

(アメリカ環境保護庁 2000年)

わが国の成人の5人に1人が睡眠障害であり、60歳を超えると3人に1人になると言われています。

しかしこれらは、実際に病院に行って「診断」された方の数ですから、実際の「眠れない人」はこの数字の数倍はいらっしゃるのではないでしょうか。そして睡眠薬の服用者は7.4%。こうやって数字を挙げていきますとまさに「眠れない大国にっぽん」の感を持ちます。

読売新聞2012.06.27 「睡眠に問題」中学生7割

そんな「眠れない国」のお話を。
わたしたち共通の宝であるこどもたちに焦点をあてますと…
歯ぎしり、いびき、目覚め時の機嫌の悪さなど、睡眠に関する何らかの問題を抱える子どもは中学生で7割(2009年厚生労働省研究班10道県25,211人の集計)にも及び、3歳以下の子どもの1日の睡眠時間はニュージーランドより1時間40分も少ない世界最短レベルになっています。

2009年厚生労働省研究班10道県25,211人の集計

しかし、赤ちゃん~幼児~子ども期は急激な脳の成長期であり、脳はレム睡眠時(眠りが浅いのが難点。そこで目覚めてしまうと脳の創造の機会を逸してしまいます)に創られますので、「眠れない赤ちゃん~幼児~子どもたち」は、方向性としては脳の成長の遅れなどのリスクを負う可能性が生じてきます。

わたしたちは人生の9割を屋内で過ごし
半分を自宅で…そして1/3を自宅の寝室で過ごします。
そう。無意識のうちに、自宅の寝室の空気を大量に吸引しているのです。
住まいの空気の質を変えることによる「眠れる住まい」の実現は可能なのです。

お問い合わせ

  1. お問い合わせ
    まずはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
    「住まいの空気の質と睡眠」について頼りになりそうなヒトや会社が身近にない場合は遠隔地でも結構です。全国どこにお住まいの方でもお問い合わせください。なるべく多くの情報をお伝えください。
  2. ご質問
    【百年杉】の10年として様々な症状の方々とお付き合いさせていただいてきた弊社の経験を生かしてご助言させていただきます。時間がかかっても必ず弊社代表の加藤政実よりお返事いたします。加藤からの返信に対して再び質問するなどしてくださって構いません。
  3. 体感ルーム
    全国各地にある【百年杉】体感可能ルームに行って「眠れる住まいの空気の質」を体感することも可能です。【百年杉】体感ルームの半数以上は、弊社のお客様が「住まいの空気の質によって眠れない人を無くすため」にご厚意によって解放していただける「体感ルーム」ですので、【百年杉】とともに1年…2年の本当のお気持ちを聞くことも可能です。ですから「冷やかし、研修」ではご案内できません。「眠れる住まい」づくりに真剣な方にのみ弊社が間に入っておつなぎご予約させていただきます。
  4. コンサルテーション制度(回/20,000円(税別)+交通費です)
    弊社代表の加藤政実が実際に依頼者のお宅にお邪魔して、「眠れない要因」と彼が考える点について具体的にご助言する制度です。単なる【百年杉】という物質のみを求め過ぎずに「モノより大切なものはヒトだ。」とお考えの方は、加藤政実が直接、ご自宅に伺うコンサルテーション制度をご検討ください。加藤政実とつながってみてください。
    1回につきコストはかかりますが、2回目以降、【百年杉の加藤木材】に具体的なお仕事の依頼があった場合はコンサルテーションのコストはかかりません。お仕事のパートナーとしてご質問ください。
  5. 【百年杉】の加藤木材にお越しになる
    【百年杉】の加藤木材にお越しになって加藤政実の経験を聞く分には無料です。
    ただし、加藤政実が必ずいるようにいたしますので事前予約をお願いいたします。
    あらかじめ聞きたいことなどを明確にしてお越しください。

    実際に【百年杉】の床である【尾鷲香杉】やベッドなどの各種製品もご体感できます。
    一般論としての「木の香睡眠コンサルテーション」をさせていただきます。加藤政実の経験を全力でお伝えいたします。

※実際に【百年杉】の加藤木材が「睡眠・安眠リフォーム」を施工できる範囲
埼玉県、東京都、神奈川県と千葉県の一部、愛知県
※上記以外の遠隔地であっても弊社のネットワークの中で、「眠れる空気の住まい」を心得た優良施工業者をご紹介できる地域もございます。また、ご紹介できるプロが付近にいない地域でも、「住まいの空気の質と睡眠」を改善する為の「住まいづくり」を具体的に考えた場合、一番の問題は慣行建築業界の方々がそれらにほとんど留意していない点だと思います。建築を実行する側がそれらに明るくないので、なかなかうまくいくことが難しく、誰かが意図を伝える必要があると思います。コンサルテーション制度をうまくご利用ください。
※(加藤政実を呼ぶそれ以外の方法)
「【百年杉】と睡眠」に関する話の講演・セミナーなど、講師料不要・交通費(+宿泊費)のみでおこなっています。数十人程度を集めて会費をとるなど、加藤政実を呼ぶことはどこの地域でも可能です(主催者様の審査はございます)。「講演などのご相談」コーナーからご依頼ください。
加藤政実に寄せられた推薦

はり・きゅう治療院 杉の子堂
小倉洋子:はり・きゅう治療院杉の子堂院長。東京大学医学部附属病院勤務
WHO:世界保健機構が発表した、「健康な屋内空気宣言」を実践するためのキーパーソンとして、加藤政実氏を推薦します。
シェルターとなる家、自分の空間を、よりよいものにする知識と経験を持っているだけでなく、お客さまの健康や幸せを第一に考え、私たちの生活を多角的に捉えるために日々学んでいるその姿勢に信頼を寄せています。
大気汚染などが問題になっている今、この時代だからこそ、Myスペース、癒しの場づくりをお勧めします。
病気の原因の多くは環境にあります。一人でも病気で苦しむ人が減ることを願って。

睡眠・安眠リフォームの具体例

「眠りが変わる…人生を変える」
以下、【百年杉】による「睡眠・安眠リフォーム」のコスト例をご紹介いたします。
また、これを契機に水回りの交換ですとか…外壁の塗り替えなど…
「睡眠・安眠リフォーム」以外の工事を同時に実施することで、トータルコストダウンも可能になりますので、睡眠リフォーム以外の工事もご検討であれば、その旨お申し付けください。

  • 6畳一間 お一人の場合:床・壁・天井 ベッドなど…937,828円(税込)※
    ※この金額は一例です。この金額よりも安くなることも高くなることも可能ですし、いろいろな施工事例がございます。ある程度「効果」が見込める内容例としての目安金額を表記しています。
  • 8畳一間 ご夫婦お二人の場合:床・壁・天井 ベッド×2台など…1,335,160円(税込)※
    ※この金額は一例です。この金額よりも安くなることも高くなることも可能ですし、いろいろな施工事例がございます。ある程度「効果」が見込める内容例としての目安金額を表記しています。

有限会社 加藤木材
〒350-1312 埼玉県狭山市堀兼2348-1
TEL 04-2957-9444(月~土 9:00~17:00)